神奈川県伊勢原市の東端近く、花菖蒲の名所として知られる「伊勢原あやめの里」がある。「かながわの花名所100選」にも選ばれており、約200種、20000株ほどにもなる規模という。花菖蒲がそろそろ見頃を迎えた6月中旬、「伊勢原あやめの里」を訪ねた。
「伊勢原あやめの里」は1985年(昭和60年)から地元農家の有志によって栽培が始まり、市民主体で徐々に規模が拡大していったそうだが、花菖蒲の栽培にはかなりの手間がかかることから離脱する農家もあり、1990年代半ばからは市の委託を受けた伊勢原市みどりのまち振興財団が里の維持管理を支援してきたという。しかし栽培農家の高齢化と後継者不足から、2015年(平成27年)、これ以上の里の維持管理は困難との判断となったようだ。「あやめまつり」も2014年度(平成26年度)が最後となり、「伊勢原あやめの里」そのものも順次規模が縮小され、2017年度(平成29年度)をもって廃止されている。本頁の内容は、2009年(平成21年)に「伊勢原あやめの里」を訪ねたときのものである。花菖蒲の名所として多くの人が訪れていた頃の記録として、このまま公開しておきたい。
伊勢原あやめの里
伊勢原あやめの里
伊勢原あやめの里
伊勢原市の東端に近く、歌川の河畔に「伊勢原あやめの里」はある。「あやめの里」という名だが、植えられているのは厳密には「アヤメ」ではなく「ハナショウブ」だ。「アヤメ」や「カキツバタ」、「ハナショウブ」などを総称して「あやめ」と呼ぶこともあるから、ここもそうした使い方での「あやめの里」なのだろう。「伊勢原あやめの里」では約200種、2万株の花菖蒲を見ることができるという。「かながわの花名所100選」にも名を連ね、花菖蒲の名所として花期には多くの観賞客を集めている。

「伊勢原あやめの里」があるのは伊勢原市の東部、東に1kmほど行けば厚木市という辺りだ。歌川という川の右岸側(南側)の岸辺に位置し、歌川の北側には県道22号(横浜伊勢原線)が東西に走り、西側には小田原厚木道路が延びているが、基本的には周辺は水田が広がる長閑なところで、西には遠く大山の姿も見ることができる。「伊勢原あやめの里」は休耕田を利用して造られたものだろうか。外縁部には木々が並んで外部と隔てられているが、昔は歌川河畔に広がる水田地帯の一部だったのに違いない。広々とした風景の中に位置しているために実感しにくいが、「伊勢原あやめの里」は1.3haという面積を有しており、なかなか広い。
伊勢原あやめの里
伊勢原あやめの里
2万株の花菖蒲とは言っても品種によって早咲き遅咲きがあるから、すべてが同時期に咲き揃うわけではない。訪れたときにも咲いているところと咲いていないところがあった。それでも広々とした園内を染め上げるように咲く花菖蒲は見事なものだ。菖蒲田はかつて水田だった名残か、長方形の区画に分かれており、その間を畦道を利用した散策路が縦横に延びている。その散策路を辿ってさまざまな方向から眺めてみれば菖蒲園の見せる表情も違って飽きない。中央部北寄りには四阿も設けられ、ベンチに腰を降ろして一休みすることもできる。菖蒲田の東側には一段高くなったところにテントを設営して休憩所が設けられており、そこから眺めれば菖蒲園の全景を望むことができ、その向こうに遠い山並みの稜線が連なる。その景色がとても美しい。周囲を見渡せば、送電線の鉄塔がすぐ近くにそびえ、少し離れたところには白い大きな建物の姿も目に入るが、それもひとつの興趣として楽しむか、無粋なものとして残念に思うかは、人それぞれかもしれない。
伊勢原あやめの里
菖蒲園の東側外縁部や四阿の周囲などには紫陽花も多く植栽されており、これも同じ時期に花期を迎え、美しい姿を見ることができるのが嬉しい。また菖蒲園内の畦道脇にはヘモロカリスなどの、同時期に花期を迎える花々が植えられており、単調になりがちな菖蒲園にアクセントを添えてくれている。訪れたときにはそうした花々にも目をとめるとよりいっそう楽しめるだろう。
伊勢原あやめの里周辺
伊勢原あやめの里周辺
「伊勢原あやめの里」の北側には歌川が流れ、その向こうは県道22号(横浜伊勢原線)沿いに商業施設や企業の建物などが並ぶ一角だが、歌川の南側は基本的に水田や畑の広がる田園地帯だ。歌川沿いに少し下流側にゆくと乳牛を飼育している農家があったりもする。歌川河岸の舗道に沿って、あるいは水田地帯の中の農道を辿って、少し周辺を散策してみるのも楽しい。
渋田川
渋田川
「伊勢原あやめの里」から西に数百メートル行くと渋田川という川が流れている。この川の川岸を、四月中旬には芝桜が埋め尽くすという。これも「かながわの花の名所100選」に選ばれているものだが、もちろん花菖蒲の花期である六月には芝桜は咲いていない。しかし河畔の家々の生け垣や川に架かる小橋などがなかなか良い風情で、散策は楽しい。ところどころで紫陽花が花を咲かせているのも嬉しい。「伊勢原あやめの里」に訪れたときには足を延ばしてみるといい。少しばかり距離があるが、長閑な田園風景を楽しみつつ歩けば退屈しない。
参考情報
伊勢原あやめの里は、2017年(平成29年)を最後に閉園した。本欄の内容は、伊勢原あやめの里が設けられていた伊勢原市東部の一般的な情報として参照されたい。

周辺
かつて「伊勢原あやめの里」が設けられていた伊勢原市東部地域は田園地帯と言ってよく、水田や畑地が広がる中に民家や工場などが点在している。水を湛えた田圃の風景の中を散策してみるのも悪くない。渋田川の河岸は春の芝桜が有名なところだ。その季節に訪れてみるのもお薦めだ。
花菖蒲散歩
神奈川散歩