佳景探訪
せせらぎ菖蒲園
埼玉県富士見市の山崎公園には花菖蒲園が設けられ、「せせらぎ菖蒲園」の愛称で親しまれている。六月には花菖蒲や紫陽花が園内を彩る。花菖蒲の季節を迎えた六月初旬、せせらぎ菖蒲園を訪ねた。



せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園
埼玉県富士見市のほぼ中央部、新河岸川の支流である富士見江川の右岸(南側)に位置して山崎公園という公園がある。正式には「山崎公園」という名なのだが、「せせらぎ菖蒲園」という愛称が付けられており、この愛称の方が広く知られているようだ。その愛称が示しているように小川や花菖蒲園が設けられた公園で、開園は1994年(平成6年)のことという。

せせらぎ菖蒲園は面積1.2haほど、決して広大な公園というわけではない。富士見江川の河岸に沿って細長く、上流側の油橋の袂から下流側は寿橋の袂まで、400mほどの長さで横たわっている。幅は最も広いところでも100mに満たない。その園内に花菖蒲園が設けられ、桜や紫陽花、彼岸花なども植えられ、四季折々の表情が楽しめる公園として親しまれている。


せせらぎ菖蒲園
公園の西端、油橋を渡る道路に面した入口が公園のメインエントランスだ。入口脇には「せせらぎ菖蒲園」の愛称を刻んだ大きな園名石が置かれている。園名石に刻まれた園名の文字は開園当時に富士見市長を務めていた萩原定次郎氏によるものという。園名石を横に見ながら園内に入ってゆくと広場になっており、その東側の一角に花菖蒲園が設けられている。
せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園
花菖蒲園は瓢箪形の輪郭をしており、面積は1000平方メートルほどだそうだ。花菖蒲園は広場の一角に設けられていて開放的な印象だが、花菖蒲園そのものの景観もよい風情で、北側や西側から眺めれば公園南側外縁部に茂る木々の緑が背景になり、花菖蒲の咲く風景をさらに落ち着いた趣の印象にしてくれるのがいい。菖蒲田には木道が渡され、さまざまな角度から花菖蒲を楽しむことができるのが嬉しい。木道はある程度の幅があり、縁には転落防止用のガードが付けられているから車椅子やベビーカーでの利用も不安が少ないだろう。

せせらぎ菖蒲園の花菖蒲園には約5000株の花菖蒲が植えられている(2015年現在)そうだが、今回訪れたとき(2015年6月上旬)はまだ最盛期を迎える前だったのか、花数があまり多くはなかった。それでも充分に美しく、風趣に富んだ景観を楽しむことができた。土曜日に訪れたのだが、観賞に訪れたらしい人の姿も少なくなかった。日曜日にはさらに多くの来園者があるのだろう。
せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園
花菖蒲園の南側には公園外縁部の木々を背負って小さいながらも草はらの広場が設けられ、脇の方には四阿も置かれている。広場にシートを敷いて公園でのひとときを楽しんでいるのは近隣に暮らす人たちなのだろう。四阿の横手には渓流を模した小さな流れと池が設けられ、水遊びを楽しむ子どもたちの姿がある。のんびりと穏やかな公園の風景だ。
せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園
花菖蒲園の東側から小川が流れている。もちろん人工的に造られた流れだ。花菖蒲園横に水の噴出口が設けられ、そこから優美な曲線を描いて東へ流れてゆく。小川は初夏から夏にかけては水遊びの子どもたちで賑わうようだ。小川の岸辺には紫陽花が植栽されており、そろそろ花の季節を迎えている。

小川に沿って園路が延び、途中二ヶ所に橋を設けて小川と園路の位置が入れ替わる。その橋も工夫を凝らした意匠で、景観のアクセントに一役買っている。小川に橋が設けられた辺りは公園の“幅”が最も狭く、北側には河岸の道路が近く、南側には外縁部の樹林が迫る。その“狭さ”も悪くない。南側の樹林の根方にも紫陽花が植栽され、緑の中に色彩を添えている。

公園東端部は小川の流れを集めて池が設けられ、その横に木製テーブルを設置した広場がある。この辺りまで来るとほとんど人の姿がない。花菖蒲園を目当てに来園した人たちはここまで足を延ばさないのかもしれない。そのため池の周辺はひっそりと静かで、緑に包まれて落ち着いた空間を成している。
せせらぎ菖蒲園
公園東端部から園外に出ると富士見江川に架かる寿橋が近い。寿橋から下流側、河畔には水田も横たわり、長閑な風景が広がっている。散策の足を延ばして田園風景の中を歩いてみるのも悪くない。


せせらぎ菖蒲園

せせらぎ菖蒲園
せせらぎ菖蒲園は規模の大きな公園ではないが、さまざまな工夫を凝らして丁寧に設計造園された公園だと言っていい。園内に設けられた花菖蒲園や小川、池、外縁部に茂る木々などが美しい公園の風景を織りなしており、快適な散策が楽しめる。六月には花菖蒲や紫陽花が公園を彩り、春には河岸側に並んだ桜が美しく、初秋には彼岸花が楽しめるという。四季折々に訪ねてみたい公園だ。

参考情報
交通

せせらぎ菖蒲園は東武東上線鶴瀬駅が最寄り駅だが、駅から1.5kmほどの距離があり、歩けば30分近くかかるだろう。

せせらぎ菖蒲園には来園者用の駐車場が用意されており、車での来園も可能だ。駐車スペースは20台分ほどで、必ずしも充分ではないが、公園の規模からすれば妥当なところかもしれない。公園駐車場は公園のメインエントランスの道路向かい、油橋の袂に設けられている。

車で来園する場合は、国道463号線や国道254号線を利用してまず東武東上線鶴瀬方面を目指せばいい。ただ主要道から公園駐車場までのルートが少しばかりわかりにくい。予め地図をよく確認しておくか、ナビを利用することをお勧めする。

飲食

小さな公園だが草はらのエリアもあるので、お弁当を持ってピクニック感覚で訪れるのもいい。

公園内にも周辺にも飲食店はない。飲食店を探す場合は鶴瀬駅近くへ移動しよう。

周辺

せせらぎ菖蒲園から新河岸川を挟んで北東側には難波田城公園がある。せせらぎ菖蒲園から3km前後、車で数分の距離だ。

国道463号線を東へ、荒川を渡ればさいたま市、荒川の河岸には秋ケ瀬公園などがある。
せせらぎ菖蒲園

関連する他のウェブサイト

紫陽花散歩
花菖蒲散歩
埼玉散歩