日南海岸散歩
-
「わかば」に見る宮崎
平成16年度後期(2004年9月27日〜2005年3月26日放送)のNHK連続テレビ小説「わかば」は神戸と日南市飫肥の町が舞台となった。主人公の高原若葉は1995年の阪神淡路大震災で父を亡くし、母の実家である日南市飫肥に母と弟との三人で避難し、焼酎を造る伯父夫妻の家に身を寄せ、五年が経ったというところから物語は始まる。「生まれ育った神戸の町を緑でいっぱいにしたい」と、若葉は造園家を目指す。その主人公を取り巻く日々を描きながら物語は紡がれてゆく。震災で傷ついた家族の心の再生を描く物語であるという。物語の冒頭部分、舞台は伯父夫妻の家のある日南市飫肥の町を中心とした宮崎が舞台だ。劇中に登場する宮崎の風景や方言を見ていきたい。
-
平成16年度後期のNHK連続テレビ小説「わかば」は神戸と日南市飫肥の町が舞台となった。特に放送開始から四週間は物語の舞台は宮崎で、主人公若葉が伯父の家に身を寄せて暮らす飫肥の町、若葉が心を癒すために訪れる飫肥城址奧の杉林、若葉の通う宮崎環境造園大学のロケ地となった南九州大学、さらに鵜戸神宮、西都原古墳群、富土の浜辺など、さまざまな宮崎の風景が劇中に登場した。

また「飫肥天」や「飫肥せんべい」といったものも小道具的に登場し、ピーマンやスイートピーなどの特産品も象徴的に使用されていた。若葉の伯父、村上浩太朗は焼酎の醸造会社を営んでいるという設定で、焼酎造りの様子もふんだんに見ることができた。村上酒造のロケに使われたのは油津一丁目の旧家だ。

浩太朗の妻、幸恵を演じるのは宮崎県出身の女優、斉藤慶子で、この幸恵をはじめとして村上家の人々、若葉の友人たちの喋る「宮崎弁」も楽しいものだった。方言指導に当たった上原由恵が宮崎市出身であるためか、日南市の人たちの喋る言葉より宮崎市あたりの人たちの喋り方に近いものだったが、「がんたれ」という言葉がよく登場したり、「〜が」、「〜ちゃが」、「〜ちょる」という語尾に、宮崎弁らしさを感じることができた。
-
宮崎を舞台に物語が進行した四週間は当然のことながら、物語の舞台が神戸に移ってからも飫肥の村上家の人々は頻繁に劇中に登場した。各回毎に劇中に見られた宮崎の風景や象徴的な方言について記してみた。

注)「「わかば」に見る宮崎」コンテンツの本文はすべて「わかば」放送直後に記述したもので、以後はいっさい改稿などを行っていない。そのため、記述内容と現況が異なっている部分も存在する。特に、2009年3月30日、日南市と南那珂郡北郷町、南那珂郡南郷町の一市二町が合併し、新「日南市」が誕生したが、「わかば」が放送されのは合併前の2004年であるため、「「わかば」に見る宮崎」コンテンツ中の本文は合併前の状況に基づいて記述されている。それらは敢えてそのままに残してある。ご了承頂きたい。
-
関連する他のWEBサイト
Photo Miyazaki - 「わかば」宮崎ロケ地情報

飫肥城址
-
このWEBページは「「わかば」に見る宮崎」のINDEXページです。
「「わかば」に見る宮崎」は「日南海岸散歩」のカテゴリーのひとつです。
-