横浜線沿線散歩横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市豊ヶ丘
豊ヶ丘第七公園
October 2020
豊ヶ丘第七公園
多摩市豊ヶ丘六丁目の南端に豊ヶ丘第七公園がある。小さな公園だが、木々が茂って緑濃い佇まいだ。公園の南側には南多摩尾根幹線道路、通称”尾根幹線”と呼ばれる道路が東西に延び、公園は尾根幹線に沿うように200メートルほどの長さで東西に長く横たわっている。

豊ヶ丘第七公園
豊ヶ丘第七公園は豊ヶ丘六丁目の南端部に緑地帯を残し、それを公園として整備したものなのかもしれない。公園はほぼ全域を林が占め、木立を縫って散策路が延びる。公園の西端部は少し広くなっており、滑り台や複合遊具などの遊具が置かれている。

公園の西側は「豊ヶ丘スクールロード」という緑道が南北に抜けている。その舗道脇には四阿やトイレも設置されており、散策中の一休みにも便利だ。舗道を南側へ向かえば「南野スカイブリッジ」という名の人道橋で尾根幹線を跨ぎ、尾根幹線南側の南野の町とを繋いでいる。歩道橋を渡れば小野路第2公園、さらに南野の住宅地を抜けて歩を進めれば一本杉公園へも遠くない。

規模の点から見ても公園北側の団地に暮らす人たちのための公園と言っていい。尾根幹線側、すなわち南側に木々が鬱蒼と茂っているために日差しが遮られ、少しばかり暗い印象なのが少しばかり残念なところだが、住宅街の中にこれほどに木々が茂った公園があるのは素敵なことだと思える。

余談だが、公園の西側には「豊ヶ丘スクールロード」を挟んで、かつて南豊ヶ丘小学校があった。南豊ヶ丘小学校は2011年度(平成23年度)に南貝取小学校と統合され、貝取小学校となっている。
豊ヶ丘第七公園