佳景探訪
桜咲く相模三川公園
神奈川県海老名市の北西部、相模川の河畔に相模三川公園がある。初夏から夏にかけては川遊びの子どもたちで賑わう公園だが、春の桜の名所としても知られている。桜が満開の四月上旬、相模三川公園を訪ねた。



桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園
相模三川公園は相模川の河畔に軟式野球場やグラウンドなどを置いた広大な公園なのだが、一般的な利用者にとってはその南側部分、パークセンターや大型遊具などを設置した鳩川河岸部分が“相模三川公園”だろう。その鳩川の左岸に大きな桜の木が並ぶ。この桜の並木は相模三川公園が整備される以前から桜の名所として知られていたもののようで、それが今では公園の一部として構成されているということのようだ。

この鳩川左岸の桜並木が実に見事だ。桜の木はどれも大きく、遊歩道となった堤防道を覆い隠すように咲き誇っている。堤防道を歩けば頭上は“桜のトンネル”、爛漫の春景色を存分に堪能することができる。対岸の公園敷地内にも桜が植栽されて並木を成しており、頭上の桜と対岸の桜の双方を眺めながらの散策が楽しめる。堤防道の川側には一段低くなって少し広い遊歩道も設けられており、ここを歩けば桜の並木に縁取られた川景色をまた違った視点で味わうことができるのがいい。この遊歩道にはテーブル付きベンチもいくつか設置されており、空いていれば桜の天蓋の下でのんびりとアウトドアランチを過ごすことができてお勧めだ。

桜並木に包まれるように散策を楽しみ、あるいは橋の上から桜に彩られた鳩川の景観を眺めたり、場所を変えれば景観の表情も変わって飽きない。のんびりと歩きながらさまざまな景色を味わいたくなる、見事な桜並木だ。この鳩川左岸の桜並木は公園の区域外へも延びているから、そのまま桜に誘われるように散策の足を延ばすのも一興だろう。

鳩川左岸の桜並木は、鳩川に架けられた「さくら橋」の上流側が見応えのあるところだが、「さくら橋」の下流側にも大きな桜の木があり、なかなか素晴らしい姿を見せてくれる。公園駐車場横の堤防斜面には菜の花や芝桜が植えられており、菜の花の黄色や芝桜の濃いピンク色が景観に鮮やかなアクセントを添えてくれる。


桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園
鳩川右岸側のパークセンターが設けられた区域には「夕焼けの丘」と名付けられた小高い丘が造られている。この丘の斜面は以前訪れたとき(2009年8月)にはただの草はらの斜面だったのだが、今回訪れたとき(2011年4月)はそこに芝桜が植え込まれていた。赤やピンク、白や薄紫といった芝桜が、曲線を基調にした美しい幾何学模様を描いている。芝桜もまた春の風情を感じさせてくれる花だ。丘の麓から眺めるのも美しく、丘の頂上から見下ろすときの景観も素晴らしい。鮮やかな芝桜の向こう、遠く丹沢の山々が春霞の中にシルエットで見える景観も素敵だ。ゆったりと散策路を辿って芝桜が彩る公園の風景を楽しみたい。


桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園
春の相模三川公園は鳩川河岸の桜に加えて「夕焼けの丘」の芝桜、堤防道の菜の花、河岸の雪柳など、春の風情を存分に感じられるところだ。家族連れや友人同士のグループで、お弁当を持ってのんびりとお花見に訪れるのに絶好の公園だと言っていい。大型遊具も設置されているから、子ども連れでも楽しめる。四月では川遊びには早いが、陽気に恵まれれば子どもたちは川に浸かって遊ぶこともできるかもしれない。
参考情報
本欄の内容は相模三川公園関連ページ共通です
交通

相模三川公園へ電車で訪れる場合にはJR相模線、相模鉄道線、小田急線それぞれの「海老名駅」が最寄りだ。駅から西へ向かい、徒歩20分ほどで公園に着く。

公園には無料駐車場が設けられており、車での来訪も便利だ。駐車台数は100台分ほどで、充分とは言えないのが難点か。桜の季節や行楽シーズンには満車状態が続くので余裕を持って出かけた方がいい。メインの駐車場とは別にスポーツ広場の駐車場も設けられており、こちらは駐車台数は80台分ほどだが、臨時駐車場もあるようだ。場所が公園のスポーツ広場北端部にあり、公園のメインの施設まで少しばかり距離があるので留意されたい。駐車場への道筋などは相模三川公園公式サイト(「関連するウェブサイト」欄のリンク先)の「交通案内」を参照されたい。

飲食

公園内にドリンク類の自動販売機はあるが、レストランや売店などはなく、近くにも飲食店はない。お弁当を持って出かけよう。シートを広げてアウトドアランチを楽しむのに絶好の公園だ。

メインの駐車場から東へ200メートルほど行くと県道51号線だが、その交差点の角にコンビニエンスストアが建っている。お弁当を持参してこなかった人はここで調達してもいいだろう。公園内には駐車場横や「夕焼けの丘」脇などにドリンク類の自動販売機が設置され、また遊具の置かれた広場の脇にはアイスクリームの自動販売機もあった。

周辺

相模三川公園の南に有鹿神社という神社が建っている。相模国最古の神社だそうだ。公園入口から数百メートルほどの距離だ。併せて訪ねてみるといい。相模川河岸を南へと散策の足を延ばし、公園の名の由来となった相模川、中津川、小鮎川の合流点を見に行くのも一興かもしれない。
桜咲く相模三川公園

桜咲く相模三川公園

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ

春散歩
桜散歩
神奈川散歩