佳景探訪
道の駅伊東マリンタウン
静岡県伊東市、市街地の北方の国道135号線沿いに「道の駅伊東マリンタウン」がある。海岸の立地を活かしてマリーナも併設する「道の駅」だ。冬晴れに恵まれた1月下旬、「道の駅伊東マリンタウン」に立ち寄った。



道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン
伊豆半島の東海岸を辿る国道135号線を小田原方面から南下してゆくと、宇佐見を過ぎて間もなく伊東市の中心市街という辺りに、「道の駅伊東マリンタウン」が設けられている。意外なことだが、小田原市から下田市へ辿る国道135号線に於いて、2013年1月現在、「道の駅」はこの「道の駅伊東マリンタウン」と下田市の「道の駅開国下田みなと」の二ヶ所のみである。

「道の駅伊東マリンタウン」は規模が大きく、特色のある「道の駅」だ。休憩施設としての機能、地域との連携、地域の情報発信といった「道の駅」本来の機能を備えているのはもちろん、それだけに留まらない。施設内には海を望む日帰り温泉施設「シーサイドスパ」があり、海岸の立地を活かしてマリーナを併設、さらに海上遊覧船の発着所も備えている。そもそも「道の駅伊東マリンタウン」は、当初は伊東市の観光やリゾート環境の拠点となる施設として計画されていたものという。当初からマリーナやスパなどを併設することが構想されており、それがそのまま現在の「道の駅伊東マリンタウン」へと引き継がれたようだ。

施設内には「バザール棟」、「スパ棟」、「ボートセンター」の建物が並び、海岸部には遊歩道が整備されている。それらの建物はそれぞれに三角屋根や塔屋などを備えた凝ったデザインで建てられており、白を基調に青や緑、赤、黄といった色彩がアクセントとして施され、「道の駅」という概念を超えて、リゾート施設のような佇まいを見せる。海岸の遊歩道を歩けばそれらの建物の並ぶ景観がたいへんに美しい。やはりお昼前の時刻、陽光を浴びて輝く姿がお勧めか。海岸はマリーナ、係留されたヨットが並ぶ。遊歩道脇にはソテツも植栽され、それらの織り成す景色がさらに“リゾート感”を高めてくれる。

「バザール棟」と「スパ棟」の内部にはさまざまな売店が並ぶ。伊豆土産のほとんどが揃っていると言ってもあながち過言ではない。「バザール棟」の中央部を吹き抜けにして回廊となった二階には数店のレストランが並んでいる。さまざまな料理を扱うフードコートの他、魚料理の店、寿司店、うどん・そばの店、ラーメン店などが揃っており、この充実ぶりも一般的な「道の駅」の概念を超えるものと言っていい。「スパ棟」にも「マリーナ展望レストラン」があり、これは温泉を利用した後での食事に便利だろう。

「道の駅伊東マリンタウン」が「道の駅」として登録されたのは2002年(平成14年)8月、開駅がいつのことか明示されていないようだが、おそらく登録と同時期だろう。それからおよそ10年、「道の駅伊東マリンタウン」は数ある「道の駅」の中でも人気が高く、“行ってみたい道の駅”、“楽しめる道の駅”として、その名を知られる。ちなみに、総合情報サイト「マイナビニュース」がサイト会員を対象に2012年11月に行った「楽しめちゃう「道の駅」」アンケートでは男性編でも女性編でも「道の駅伊東マリンタウン」が1位を獲得している。

「道の駅伊東マリンタウン」は、ドライヴ途中の休憩に立ち寄るのももちろんお勧めだが、ここを目的地に訪れても充分に楽しめるだろう。日帰り天然温泉を備え、遊覧船の発着所があり、食事が楽しめて、さまざまな伊豆土産が揃う。まさに“楽しめちゃう「道の駅」”だ。立ち寄ったときには、リゾート感溢れるデザインの建物とマリーナ、そしてその向こうに広がる海原、それらが織り成す美しい景観も楽しんでおきたい。


道の駅伊東マリンタウン

道の駅伊東マリンタウン
今回(2013年1月)、下田へ向かう途中、まだ朝と言っていい時刻に「道の駅伊東マリンタウン」に立ち寄り、帰り道でもまた立ち寄った。帰り道に立ち寄ったときはちょうど日暮れの時刻だった。土産物を迷いつつ選び、ようやく購入して外へ出ると、すでにすっかり日が落ちて辺りは暗くなり始めていた。海の方へ目をやると、宵闇に落ちようとするマリーナの向こう、水平線の上に浮かぶ雲が残照を浴びて赤く染まり、その上に丸い月が昇っていた。何とも美しい光景だった。

「道の駅伊東マリンタウン」はドライヴの帰り道に立ち寄るのもお勧めだろう。温泉で疲れを取り、ゆっくりと食事を楽しみ、お土産を購入して家路を辿る。なかなか魅力的なのではないだろうか。
参考情報
売店やレストランの営業時間など、詳細は公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

交通

道の駅伊東マリンタウンは伊東市街のやや北の国道135号線沿いに位置している。熱海方面から南下してくれば伊東市街の手前、下田方面から北上してくれば伊東市街を過ぎてすぐだ。大きな看板があるのですぐわかる。国道沿い海側にあるが、どちらの車線からでも入りやすい。300台分近い無料駐車場が用意されている。

「道の駅」という性格上、ほとんどの人は車で立ち寄ると思うが、念のため記しておくと、伊東駅から徒歩でも20分ほどで行ける距離だ。また一般の人にはあまり関係がないとは思うが、クルーザーボートで油壺からおおよそ90分だそうである。

飲食

道の駅伊東マリンタウン内には寿司店や和食の店などの数軒の飲食店がある。やはり新鮮な海鮮ものを味わうのがお勧めだろう。

周辺

道の駅伊東マリンタウンから1kmほどで伊東市街だ。伊東の街や海沿いを散策してみるのも楽しい。伊東と言えば有名な温泉地だ。日帰り温泉を利用したり、もちろん宿泊してのんびりと楽しむのもお勧めだ。

伊東市街からさらに南へ向かえば小室山や大室山、一碧湖、城ヶ崎海岸といった景勝地が点在している。
道の駅伊東マリンタウン

関連する他のウェブサイト


海景散歩
静岡散歩