東京都府中市の都立府中の森公園は木々の茂った緑濃い公園だ。この公園の中央部を貫くプロムナードは桜の並木になっており、春には見事な景観を見せてくれる。桜が満開の四月上旬、府中の森公園を訪ねた。
桜咲く府中の森公園
府中の森公園のほぼ中央部に、「花のプロムナード」と名付けられた広い遊歩道が南北に延びている。この「花のプロムナード」は桜並木になっており、春の花期には舗道の両側にソメイヨシノが咲き誇って頭上を覆い、まさに“桜のトンネル”と化す。
桜咲く府中の森公園
桜咲く府中の森公園
「花のプロムナード」は公園の南側中央部の、特徴的な意匠のモニュメントが置かれた「花の広場」から北へ、公園の中央部を貫くようにまっすぐに延びる。幅10mほどの広い舗道だが、この舗道の両脇に桜が並ぶ。並木の桜のほとんどはソメイヨシノのようだが少しだけオオシマザクラも混じっているようだ。両側から枝を広げた桜が頭上を覆うように咲き誇る様子はなかなか圧巻の景観を見せてくれる。「花の広場」側から眺めれば春の日差しに桜が輝き、まさに春爛漫、素晴らしい景色だ。もちろん“桜のトンネル”をのんびりと歩くのも楽しい。歩きながら南側を振り返れば満開の桜が逆光に霞み、この景観もまた素晴らしい。
桜咲く府中の森公園
公園中央部の西側には穏やかな丘となった草はらの広場が設けられているが、ここからは眼前に「花のプロムナード」の桜並木を眺めることができる。広場のおちこちでシートを広げてお花見を兼ねたアウトドアランチを楽しむ家族連れやグループの姿がある。この広場で桜並木を眺めながらのんびりとひとときを過ごすのが、この公園でのお花見の王道かもしれない。
桜咲く府中の森公園
桜咲く府中の森公園
「花のプロムナード」の桜並木以外にも園内の随所に桜が咲いている。ソメイヨシノ以外にもオオシマザクラやヤマザクラなど、他の品種の桜も少なくないようだ。公園南西側の「武蔵野の森」の中にもさまざまな樹木に混じって咲く桜の姿がある。こちらは空に向かって枝を伸ばす野趣のある桜が楽しめる。公園北西側に位置する「遊具広場」の周辺にも桜が咲き、穏やかな春の風景を演出してくれる。また「花のプロムナード」北端部分、すなわち公園の北端の角にはカスケードが設けられているが、ここには枝垂れ桜が咲いている。それほど大きな木ではないが、濃いピンクの花が美しい。
桜咲く府中の森公園
桜の咲く風景を楽しみながらのんびりと園内を巡った後は、中央部の広場にシートを広げ、桜の並木を眺めながらのランチタイムを過ごそう。あるいは公園北側に公園内施設のように隣接する府中市美術館のエントランス横のベンチに腰を降ろし、のんびりとした時間を過ごすのも悪くない。遊具類の充実した公園なので、小さな子どものいる家族にもお勧めだ。
参考情報
  本欄の内容は府中の森公園関連ページ共通です
交通
電車での来訪であれば京王線東府中駅が近く、駅から北方へ10分ほど歩けば公園に着く。JR中央線を使う場合は武蔵小金井駅からバス路線を利用しなくてはならない。

車で訪れる場合は国道20号の「東府中」交差点や「緑町二丁目」交差点から北へ入り込むのがわかりやすいだろう。遠方の人は中央自動車道の国立府中ICから国道20号を東進、あるいは調布ICから国道20号を西進すればいい。

駐車場は有料で100台分を越えるスペースが用意されているが、お花見の時期や行楽シーズンの休日には足りなくなりそうだ。駐車場入口は公園東側の「平和通り」に設けられている。

飲食
公園中央部、駐車場横のサービスセンター脇に売店があり、カレーや牛丼、ラーメン、焼きそば、うどん、エビピラフ、おでんなどといった軽食とドリンク類を販売しているので、簡単な食事には困らない。また公園北端部に建つ府中市美術館にもカフェが併設され、軽食やデザート類、ドリンクなどを扱っている。テラス席もあり、公園の木々を眺めながらのんびりと食事をすることもできる。公園南側に隣接する府中の森芸術劇場の中にもレストランがあるから、これを利用するのもいい。

木々の茂った公園だから、お弁当を持参して木陰にシートを広げてのランチタイムもお勧めだ。公園周辺は住宅街で、コンビニなども駅近くへ行かないとないようだ。お弁当やおにぎりを買って公園へ来ようというときには、途中で立ち寄っておいた方がいい。

周辺
公園の南側には府中の森芸術劇場が隣接し、北には府中市美術館が建っている。例えば芸術劇場での音楽や舞台の観賞のついでに時間に余裕を持って訪れ、美術館や公園内の彫刻作品を観賞しながらの散策を楽しむというのもなかなか素敵な時間の過ごし方であるかもしれない。

また公園北側から東へ辿れば新小金井街道の東側に浅間山公園がある。浅間山公園も東京都立の公園で、浅間神社の鎮座する丘を中心にした自然溢れる公園だ。併せて訪ねてみるといい。
桜散歩
東京多摩散歩