横浜線沿線散歩横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市落合
落合第3公園
October 2020
落合第3公園
多摩市落合四丁目の北部、多摩市立落合中学校の東側に落合第3公園がある。面積は3000平方メートル弱の、小さな街区公園だ。供用開始は1976年(昭和51年)のことという。

落合第3公園
公園はほぼ正方形の敷地で、北側のエリアと南側のエリアに分かれている。南側のエリアは広場で、周囲を木立が囲んでいる。特に使用目的が定められているわけではないようで、要するに“自由広場”というわけだろう。北側のエリアは疎らに樹木が植えられた中に遊具を配置したスペースで、いわば“遊具広場”というわけだ。設置された遊具は滑り台とブランコ、幼児用のスプリング遊具といった一般的なものだが、公園の規模から考えれば必要にして充分か。

落合第3公園
遊具の設けられた北側のエリアは適度に木立があるため、木陰を落としてくれるがいい。特に日射しの強い季節には嬉しいものだろう。公園の北側には保育園が建っている。普段は園児たちの遊び場として使われているのかもしれない。

今回訪れた時(2020年10月)、木立の中にコゲラの姿を見た。住宅街の中の小公園だが、野鳥たちにとっては貴重な生息域なのだろう。

あくまで近くに暮らす人たちのための街区公園で、特筆するような特徴があるわけではないが、木立に囲まれて穏やかな印象の公園である。

公園の南側は「そよかぜのみち」と名付けられた舗道で、東側は落合東遊歩道だ(おそらく東側は落合東遊歩道と「そよかぜのみち」の重複区間だろう)。公園はそれらの舗道と一体化した印象で住宅街の中に横たわっている。多摩ニュータウンの舗道を辿っての散策の際に立ち寄ってみるといい。

落合第3公園から落合東遊歩道を北へ辿れば200mほどで落合南公園へ至り、南に辿ればこれも200mほどで落合第4公園だ。多摩ニュータウンで“公園巡り”を楽しむのもお勧めだ。
落合第3公園