横浜線沿線散歩横浜線沿線散歩公園探訪
多摩市落合
荻久保公園
October 2020
荻久保公園
多摩市落合六丁目の町のほぼ中央に位置して「荻久保公園」という公園がある。小さな街区公園だが、1haを少し超える面積(10,270.62平方メートル)を有しており、多摩ニュータウン内の公園としては広い公園と言える。供用開始は1984年(昭和59年)である。公園名の「荻久保」はこの辺りの旧地名(小字名)である。
荻久保公園
荻久保公園は広場と樹林地から構成された公園で、樹林地が大部分を占めているために1ha超という面積を体感しづらいかもしれない。

園内には高低差があり、東側が少し高い。西側は低地となって、多摩モノレール通り(都道156号)に面して広場が設けられている。広場は木立に囲まれ、広い道路に面しているもののそれほどの喧噪感を感じないのは嬉しい。広場にはベンチも設置されているから、のんびりと腰を下ろして野鳥の遊ぶ姿を眺めて過ごすのも一興だろう。

荻久保公園
広場の東側は斜面に沿って樹林が延びている。その地形を活かして、滑り台が設けられている。多摩ニュータウン内の街区公園の遊具としては比較的大きなものだと言っていい。

ローラースライダーではなく通常の滑り台で、形状も真っ直ぐに滑り降りるだけだが、途中には勾配に変化が付けられて工夫が凝らされている。左右を樹林に包まれるようにして設置されている様子も素敵だ。この滑り台が荻久保公園に於ける唯一の遊具と言ってよく、公園の特徴であるとともにシンボル的存在でもあるだろう。

荻久保公園
公園の東側部分は西側の広場からは一段高くなった地形で、樹林に囲まれた広場が設けられている。広場と西側の斜面林とはコンクリート製のオブジェ風の造形物で区切られている。

この“オブジェ”は円(あるいは円弧)を基本にした造形で、水飲み場や砂場を囲み、一部はベンチを兼ね、さらに砂場の入口や滑り台の入口には“ゲート”状に造られている。なかなか工夫が凝らされていて楽しい公園設計だと思える。
荻久保公園は小さな街区公園で、近くに暮らす人たちのための公園だが、公園巡りが趣味という人なら訪ねてみてもいい。公園の東側から舗道を北へ行けば「そよかぜのみち」まで200mほどだ。多摩ニュータウン内を舗道を辿って散策を楽しむ際に立ち寄ってみるのも悪くない。
荻久保公園