横浜線沿線散歩街角散歩街角散歩
八王子市山田町〜緑町〜子安町〜北野町
山田川
October 2018
山田川
八王子市の中心部近くを山田川という川が流れている。山田町に源を発し、緑町から子安町へと流れ、北野町で浅川に注ぐ。かねてから山田川に沿って歩いてみたいと思っていた。良いお天気に恵まれた十月の末、ようやく機会を設けて山田川に出かけた。
めじろ台富士見公園
今回の“山田川散歩”の出発点は京王線のめじろ台駅だ。めじろ台駅を降り、北側のバス通りを東へ辿る。

「めじろ台駅」交差点から300mほどのところの交差点の角に「めじろ台富士見公園」という小公園がある。めじろ台富士見公園に立ち寄っていこう。めじろ台富士見公園は小さな街区公園だ。広場の中に各種の遊具類が設置してある。土曜日のお昼前だったが、公園の中に人の姿はなかった。

富士見橋から見るめじろ台駅
めじろ台富士見公園の南側は京王線の線路だ。めじろ台の丘陵地を“切り通し”のように抉って線路が辿っている。その上を富士見橋という橋が跨いでいる。富士見橋は1967年(昭和42年)10月の竣工という。京王電鉄(当時の京王帝都電鉄)によってこの辺りが住宅地として開発されたのがその頃だから、宅地開発に伴って富士見橋も架橋されたものだろう。

富士見橋から西を見ればめじろ台駅の様子がよく見える。めじろ台駅を発着する上り下りの電車が富士見橋の下を幾度となく通り過ぎてゆく。電車ファンならしばらく見ていたくなる風景だろう。この辺りからは「富士見」の名のように西の方角に富士山の姿も見えるはずだが、残念ながら現在では線路脇に建つ建物によって遮られ、富士見橋の上からは見ることができない。

山田町並木線から見る風景
富士見橋から(橋を渡らず)線路の北側の道路を東へ辿ってゆく。350mほどで丁字路にぶつかる。「山田町並木線」と呼ばれる道路だ。この道路が、この辺りではめじろ台と山田町との境、西側はめじろ台、東側は山田町になる。「山田町並木線」は都市計画道路なのだが、未だに京王線の線路を越える橋は車のすれ違いもままならない幅の狭い橋のままだ。

この橋の南東側の袂からの眺望がいい。眼下に京王線の線路がまっすぐに延び、その向こうに山田町の町並みが横たわる。さらにその向こうに八王子駅南口に建つ「サザンスカイタワー八王子」の姿も見える。この風景も、電車好きならずっと見ていたくなる風景なのではないだろうか。

めじろ台東公園
橋の南東側の袂から東側の低地に降りてゆく石段がある。降りた先の道路が北側で京王線の線路をくぐっている。“山田川散歩”であるならば、ここから京王線をくぐって線路の北側へ歩を進めるべきだが、寄り道をして「めじろ台東公園」に立ち寄っていこう。

めじろ台東公園も「街区公園」に類別される公園だが、1ha近い面積を有し、街区公園としては大きな公園と言っていい。公園は中央部に運動広場を設け、その周囲に樹林のある広場を設けた構成だ。街区公園としては広い面積を有するのは運動広場が設けてあるからだ。運動広場ではちょうど子どもたちの野球の試合が行われていた。
山田川
山田川上流端
めじろ台東公園を後にして、“山田川散歩”へと歩を進めよう。めじろ台東公園の西側の道路を北へ進み、京王線の線路をくぐってさらに行けば、めじろ台東公園から200mほどで小さな交差点に出る。

この交差点から、山田川が始まっている。交差点から東へ、道路の南側に山田川が沿っており、交差点角に「一級河川 やまだがわ 上流端」と記された標識が立っている。もちろん“流れ”としてはさらに上流部に源流域があるはずだが、残念ながらここより上流部は暗渠になっていて辿ってゆくことができない。河川管理としての山田川の上流端は、この場所というわけだ。

山田橋下流側の蛇行
山田川は川というより大きな溝という様相だ。周囲は住宅地だが、この辺りは元来は谷戸の奥まった地形で、山田川にはいくつかの支流が注いでいる。南から合流する支川を山王橋で渡ると、十字路の交差点がある。交差点の北側では山田橋が山田川を跨ぐ。山田橋を渡って数十メートル北へ進めば広園寺(こうおんじ)だ。

山田橋を過ぎると山田川は蛇行しながら住宅地の中を東へ流れてゆく。広園寺の南側辺りでは蛇行する山田川の様子を見ることができるが、その先は川に沿った道はない。十字路へ戻って、そこから山田川の南側を東へ進もう。

野菜の無人販売所
道脇は住宅地だが、その中に畑地も残る。大きく育ったケヤキが庭に立つ家は、昔からこの地で暮らしを営んでこられた家だろう。住宅地となる以前の、長閑な川沿いの農村だった頃の風景を想像してみるのも楽しい。

道脇には野菜の無人販売所もある。ピーマンや春菊、小松菜、ナスといった野菜が、一袋100円で並んでいた。“無農薬栽培なので一部の野菜に虫がいることがある”そうである。なるほど、虫がいるかもしれないというくらい、新鮮で美味しい野菜なのだ。近所に住んでいれば毎日でも通ってみたい販売所である。

月見橋
山田橋脇の交差点から約450m、都道506号に出る。この道路は正しくは「東京都道・神奈川県道506号八王子城山線」、八王子市の八幡町交差点を起点に町田市西部を抜けて相模原市緑区原宿へ至っている。この辺りでは八王子市街中心部と南部の小比企町方面とを繋ぐルートであるため、交通量の多い道路だ。

その都道506号が月見橋で山田川を跨ぐ。月見橋とはなかなか風雅な名だ。月見橋の南東側の袂に小さな祠がある。破損したものか、今ではただの石版にしか見えないが、祠に祀られているのはお地蔵様か。花が供えてあり、今でも地元の人たちに大切に守られている様子が窺える。
山田川
赤根橋付近の山田川
月見橋の脇で、信号が変わるのを待って都道506号を渡る。都道の西側は山田町だったが、東側は緑町だ。緑町は山田川に沿うように東西に広がっている。

山田川の南に沿って100mほど道が続いているが、この道もやがて川沿いから離れ、その先は行き止まりになっている。途中、北へ逸れる道がある。北へ向かうと赤根橋(あかねはし)で山田川を渡る。橋の上から見る山田川は深く掘られた大きな溝という様相だ。渡った先は小さな十字路で、山田川の北側を川に沿って道が続いている。その道を辿ってゆこう。

山田川河畔の茶畑
山田川の左岸、北側の河岸に沿って道が続いている。河岸の遊歩道という佇まいだが、車両の通行も可能な一般道だ。赤根橋から少し行くと、北側の河畔に茶畑が広がっている。こんなところに茶畑があるのかと、少し驚く。茶畑の向こう側は台地となった地形で、その端に家々が建ち並んでいる。

赤根橋から100mほど行ったところで、道は八王子市緑町霊園の中へと入ってゆく。墓所の中を一般道が横切っている形だ。お墓が並ぶ中を進んでゆく。霊園の中央付近には萬福寺という寺が建っている。

丘裾の住宅地
霊園の中を300mほど進んで、ようやく道は霊園から抜け出る。道は少し曲がってから丘裾の住宅地の中を抜けてゆく。北側は小高くなった丘陵地で、その崖面部分にも家々が建てられて特有の景観を見せている。丘陵地の上は台町一丁目、小高くなった地形の特徴から「台町」の名がある。

丘裾に沿った道を100mほど行くと、右手、南側の住宅地の中へ入り込む道がある。奥へと入り込んでゆくと、100m足らずで山田川の河岸に出た。河岸の道が霊園の中に入った辺りで山田川から離れていたが、これでまた山田川に沿って歩くことができる。

緑町中央部の山田川
山田川は、この辺りでは対岸に鬱蒼と木々が茂り、山間の渓流を思わせる様相を残している。護岸工事の施されていない岸辺に鬱蒼と草木が茂り、その下を緩やかに蛇行しながら山田川が流れてゆく。八王子市中心部からほど近い場所にこのような景観があることは意外な驚きと言っていい。

川の風景を眺めながら、ときおりカメラを構えながら歩いていると、近所にお住まいの方らしい高齢の女性に出会った。挨拶を交わし、そのまま世間話に花を咲かせた。「この辺りは自然が残っていていいですね」というと、「そうなんですよ、これからは紅葉の時期で、とってもきれいですよ」とおっしゃっていた。もう10月の末、河岸の木々はそろそろ秋の色に染まり始めている。河岸の木々に季節の移ろいを感じながら日々を送ってらっしゃるのだろう。素敵な暮らしである。
山田川
木之根橋付近の山田川
河岸の道を辿ってゆくと、やがて道は山田川から少し離れる。さらに進み、再び山田川と出会うところで南北に抜ける道路と交差する。この南北に抜ける道路は車両のすれ違いがままならないような狭い道なのだが、北の台町一丁目側と緑町とを繋ぐルートであるために意外に交通量が多い。その道路が蛇行する山田川を木之根橋で跨ぐ。

山田川左岸の道はこの先で行き止まりになっているようだ。木之根橋を渡って山田川の右岸側へと移動する。右岸側にも河岸に沿った道はないが、左岸側より山田川に近いルートで下流側へと進むことができる。

お地蔵様
木之根橋を渡って南へ進むとすぐに丁字路の交差点がある。これを東へ(左へ)折れる。折れて進むとすぐに右手、南側の丘陵地へと上ってゆく坂道が逸れている。その分岐の角にお地蔵様が佇んでいらっしゃる。推測だが、おそらく昔から川沿いの道と丘越えの道とが出会う(分かれる)ところで、往来の要所だったのだろう。緑濃い丘の斜面を背にして佇むお地蔵様の姿が良い風情である。

ここから丘へ登る坂道を上ってゆくと、右手(東側)に緑町公園がある。緑町公園へ立ち寄ってゆこう。

緑町公園
緑町公園は丘陵地の端となった立地に設けられた公園だ。園内の最も高所となった部分には草はらの広場があり、西側と北側は斜面になって、その中を辿って園路が巡っている。広場は木々に囲まれてひっそりとした印象だが、北側の一角からは北に視界が開ける場所もあり、そこからは山田川河畔の住宅地を見下ろしている。

すでに10月も末、園内の木々もそろそろ秋の色に染まり始めていた。日差しを浴びて輝く黄葉が美しい。

黄金橋
緑町公園からまた山田川河岸側の道へ降り、下流側へと歩を進めよう。100mほど進むとY字の分かれ道があり、左手の方向に進むと山田川の河岸に出る。そこから100mと少し辿れば国道16号だ。黄金橋(こがねばし)という橋で国道16号が山田川を越える。

国道16号はたいへんに交通量が多い。さすがは“二桁国道”である。市街地の東側を通る八王子バイパスが無料化されて以来、八王子市中心部を通り抜けてさらに北へ向かう車の通行は減ったが、それでも国道16号の交通用は多い。黄金橋を渡った北側に横断歩道がある。信号が変わるのを待って国道16号を横断する。
山田川
黄金橋から山田川下流を見る
国道16号から東、山田川はいよいよ八王子中心部近くの市街地の中を流れてゆく。護岸工事の施された様相はまさに“巨大な溝”という姿で、流路も整備されて大きな蛇行もない。川の両岸はほぼ住宅地である。

黄金橋から山田川に沿ってさらに下流側へと辿ろう。黄金橋から80mほどで万代橋、平成2年(1990年)に完成した橋だという。万代橋を過ぎて山田川は下流側に向かって左手、北方向へと緩やかに曲がっている。万代橋から130mほどで堀川橋、子安公園通りが東西に抜けている。

子安公園横
すぐ横に信号の無い横断歩道がある。車の切れ間を狙って子安公園通りを横断する。

子安公園通りの北側、山田川の左岸側に子安公園という公園が設けられている。広場を中心に構成された公園だが、ソメイヨシノやベニシダレ、カンザンといった桜が植栽されており、春には美しい景観を楽しむことのできる公園だ。子安公園の横で、山田川は大きく流れが曲がり、ほぼ東へ向かって流れてゆくようになる。

栃ノ木橋
子安公園の東側で山田川を跨ぐのは竹屋橋、さらにそこから70mほどで子安橋、子安橋から100mと少しで栃ノ木橋だ。

栃ノ木橋上を通るのは、とちのき通りだ。とちのき通りはJR八王子駅南口から真っ直ぐに南へ延び、子安の坂を登って丘の上で国道16号に至っている。それほど交通量は多くないが、八王子市街中心部の主要路だ。

とちのき通りを南へ辿った先、子安の丘の上には八王子医療刑務所があったが、同施設は2018年(平成30年)1月に昭島市へ移転、閉所となった。跡地の利用については八王子市で検討されているようだ。

観音橋近くの風景
とちのき通りの歩道を南へ30mほど行ったところに子安公園通りとの交差点がある。この交差点の横断歩道でとちのき通りを渡り、再び山田川河岸の道へと戻ろう。栃ノ木橋から数十メートルで神名橋、神名橋からさらに数十メートル進むと観音橋だ。

観音橋を通る道路を北へ辿ると道路沿いに何軒かの商店が建っている。ちょうど10月の末、八王子南口の商店街もハロウィンで賑わっているようだ。仮装した子どもたちの姿も少なくなかった。

藤井人道橋
観音橋から100mほど下流側に辿ったところに、藤井人道橋という小さな人道橋が架かっている。すぐ下流側には藤井橋が架けられているから、この人道橋があったからといって特別に利便性が高まるようにも思えないのだが、架橋された経緯に興味を覚える。

藤井人道橋から50mほどで藤井橋だ。この藤井橋、少し特徴的な形をしている。ここはちょうど野猿街道(都道160号)が山田川を跨ぐところで、そこへ子安公園通りの「市立三中」交差点から北上してきた道路が交わる。藤井橋はその双方の道路を通している。台形の形状をした、かなり幅の広い橋なのだ。藤井橋は1987年(昭和62年)2月に完成したものというから、その時にこのような形の橋として架けられたのだろう。藤井人道橋が架けられたのも同じ1987年(昭和62年)2月だ。おそらくこの時期に山田川の護岸工事が行われ、その際に同時に架けられたものと思うが、ますます興味を覚える。

小野路橋から下流側を見る
藤井橋のすぐ下流側で山田川を跨ぐのは小野路橋、これも架橋は1987年(昭和62年)2月だ。小野路橋という橋の名に興味を覚える。“小野路”は町田市の小野路と何か関連があるのか、ないのか。

小野路橋から100m近く下流側に架かる橋は西山田川橋、西山田川橋から200mほど辿れば山田川橋がかえで通りを通している。かえで通りは北は国道20号の「明神町」交差点、南は野猿街道と子安公園通りとが交わる、いわゆる“子安の五差路”とを繋ぎ、JRの中央線と横浜線の線路をアンダーパスでくぐってゆく。八王子駅の東側で線路の南北を繋ぐ重要な道路で、常に交通量の多いところだ。山田川橋は1985年(昭和60年)3月の完成、藤井橋や小野路橋より少し早いのは、主要路であるためか。

山田川を跨ぐ横浜線と元子安橋
山田川橋から山田川河岸に沿って下流側に向かってゆくと、目の前で横浜線の線路が山田川を一跨ぎにしている。少し待っているだけで横浜線の上り下りの電車が行き交うのを見ることができるが、手前に引込線の橋があるために、車両の上部しか見えないのが少し残念だ。その手前で山田川に架けられているのは元子安橋だ。元子安橋はほとんど車の通行が無い。

山田川河岸の道路は山田川と共に横浜線の線路をくぐってさらに続く。左岸側の道路は車両の通行のできない道だ。右岸側の道路は車両の通行可だが、幅員に制限があるようだ。その道を抜けて、さらに下流側に辿ってゆこう。
山田川
「まるうのはし」橋名板
横浜線のガードを過ぎて数十メートルのところに橋が架かっている。この橋の名が興味深い。橋は「まるうのはし」という名のだが、漢字表記の橋名板には「宇」の文字を○で囲んだ、いわゆる“丸囲み文字”に続けて「之橋」と記されている。このような表記の橋はこれまで見たことがない。

なぜこのような橋名となったのだろう。どうやら河川改修工事に伴って橋が架けられた際、尽力した事業家の名から「宇」の文字を採って命名されたものらしい。推測だが、おそらくその事業家の屋号が○に宇の字の「まるう」だったのではないか。それにしても“丸囲み文字”をそのまま橋名に使用して、それが採用されてしまうところが驚きである。鷹揚な時代だったのだろう。

和田橋から見る京王線
「○宇之橋」から100mほど下流側で和田橋が山田川を跨ぎ、そのすぐ横で京王線の線路が山田川を越える。和田橋の上で待っていると、上り下りの京王線の電車が幾度となく行き交う。特筆するほどの光景ではないのだが、しばらくその光景を眺めてしまう。

そのすぐ北側に線路を渡る踏切がある。「北野9号踏切」である。踏切を渡って線路の東側へ進む。線路の東側には道路が沿っており、中和田橋が線路と並んで山田川を越えている。中和田橋からさらに山田川の河岸を辿ってゆこう。

下和田橋から見る中央線
中和田橋から数十メートル下流側で山田川を跨ぐのは下和田橋だ。下和田橋の下流側でJRの線路が山田川を跨ぐ。いちばん手前は中央線の線路、その向こう側は引込線のようだ。下和田橋から中央線の電車が行き交うのが見える。

横浜線の線路をくぐってから500m足らずの区間で、京王線の線路を踏切で渡り、今度は中央線の線路だ。電車好きの人にはお勧めの散策コースと言っていいのではないか。

石田橋手前の山田川
中央線の線路下、山田川の河岸は両岸とも歩行者専用の舗道だ。左岸側の舗道を辿ってゆこう。

トンネルのような様相の線路下を抜けて進むと、舗道には樹木が植栽されていたり、植え込みが設けられていたり、潤いのある景観が演出されている。そのお陰で殺風景になりがちな線路下の風景が柔らかな印象になっているように思える。JRの線路をくぐってすぐのところに橋が架かっているが、この橋は使用されていないようだ。さらに小さな橋が2本、山田川と河岸の舗道とを一跨ぎにしている。

それを過ぎてさらに進むと、やがて石田橋、北野公園通りが山田川を斜めに越えてゆく。そのすぐ東側で北野公園通りは八王子バイパスと交差する。「新浅川橋南」交差点だ。交差点のすぐ北側で八王子バイパスは中田橋で山田川を越えてゆく。山田川河岸の舗道は北野公園通りも八王子バイパスもアンダーパスにはなっておらず、「新浅川橋南」交差点の横断歩道を利用しなくては横断することができない。回り道して八王子バイパスの東側へ移動することにしよう。
山田川
石田橋手前の山田川
八王子バイパスの東側、山田川の左岸には東京都水道局北野給水所がある。この北野給水所は災害時の給水ステーション(給水拠点)のひとつである。

八王子バイパスから下流側に辿れば百数十メートルで上河原橋だ。この辺り、山田川の右岸にはさまざまな事業所の敷地が並んでいる。上河原橋からも西東京生コンクリート株式会社の設備が見えている。山田川河岸の舗道には木々が植栽され、風景が殺伐とした印象になるのを防いでいる。舗道にはベンチも設置されており、ちょっとした緑道といった佇まいである。

河川管理境界標
上河原橋から200mほど辿れば、いよいよ浅川との合流点だ。山田川が浅川に注ぐ直前、下中田橋が山田川を跨いで浅川河岸のサイクリングロードを通している。その傍らに、河川管理境界を示す標識パネルが設置されている。山田川は東京都南多摩西部建設事務所、浅川は国土交通省多摩出張所が管理している旨が示されている。

すぐ下流側で浅川を跨ぐのは浅川水管橋だ。構造としてはランガー橋か。白い三連のアーチがなかなか美しい姿だ。

浅川河岸には「多摩川から8.4K」と表記された距離標が設けられている。浅川はこの先、日野市を貫くように流れ多摩川に注ぐ。今回の“山田川散歩”もここが終点である。ここから南へ辿れば京王線の北野駅まで1kmと少しだ。のんびりと北野駅へ向かい、帰路を辿ることにしたい。
今回、かねてから歩いてみたいと思っていた山田川の河岸を、ようやく機会を設けて歩くことができた。山間の渓流を思わせる緑町付近、巨大な溝の様相の下流域と、さまざまな表情を見せてくれて興味深く、さまざまな発見もあり、楽しい散策だった。
山田川

山田川

山田川