横浜線沿線散歩公園探訪
八王子市長房町〜東浅川町
−陵南公園−
紫陽花の咲く陵南公園
Visited in June 2023
紫陽花の咲く陵南公園
八王子市長房町の陵南公園は浅川の河岸に位置する都立公園で、園内にはさまざまな樹木が育って緑濃く、四季折々の風景が美しい公園だ。六月になれば園内の随所で紫陽花が咲いて公園を彩る。
紫陽花の咲く陵南公園 陵南公園本園の管理所脇、北側の道路とを繋ぐ園路脇に、紫陽花を植栽した一角がある。一般的なアジサイからガクアジサイ、アナベルまで、さまざまな種類の紫陽花が植えられている。数はそれほど多くはないが、各種の紫陽花を見ることができて楽しい。花の写真趣味の人にもお勧めだ。

その向かいではヤマボウシが白い花をつけている。便宜的に“白い花”と言ってしまうが、白い花弁に見えるのは総苞片(そうほうへん)と呼ばれるもので、いわゆる“花びら”ではない。ヤマボウシの夏期は通常6月から7月、梅雨の時期の風景を彩ってくれる樹木のひとつだ。
紫陽花の咲く陵南公園 陵南公園本園、野球場北側の斜面を園路が辿っているが、この園路に沿って紫陽花が並んでいる。紫陽花は北側の斜面下に緑地スペースを設けて植えられている。園路は坂道で、その勾配が紫陽花の咲く風景に表情を与えている。数多くの紫陽花が咲き揃ったときの景観はなかなか見事なものだ。

この園路沿いにはヤマモモの木もある。ヤマモモは3〜4月に花を咲かせ、6〜7月に真っ赤な実をつける。ヤマモモは特に九州や四国には多く自生している。子どもの頃に実を採って食べたという経験のある人もいるのではないだろうか。
紫陽花の咲く陵南公園 陵南公園本園、野球場南側の園路脇にアナベルを植えた一角がある。白いアナベルの花が緑濃い園内の中でひときわ鮮やかに見える。下側から見上げるように鑑賞すれば、梅雨の晴れ間の青空を背景にアナベルの花がさらに引き立つ。

この他にも駐車場脇の花壇などでガクアジサイやアナベル、カシワバアジサイなどの花を見つけることができる。紫陽花の他にもホタルブクロなどの梅雨の時期の花々も見ることができて、花好きの人にも楽しめるだろう。
紫陽花の咲く陵南公園 紫陽花の咲く陵南公園
紫陽花の咲く陵南公園 紫陽花の咲く陵南公園
陵南公園は“花の名所”と呼べるような公園ではないが、園路沿いや花壇などでさまざまな花を見つけることができる。梅雨の時期にも紫陽花を中心にいろいろな花が楽しめる。のんびりと園内を巡りながら季節の花を探してみるのがお勧めだ。
紫陽花の咲く陵南公園
紫陽花の咲く陵南公園
紫陽花の咲く陵南公園