このページは、WEBサイト「佳景探訪」に関する著作権の所在、作者への連絡方法、プライバシーポリシー、サイトの概要などについて記したものです。本ページの内容は必要に応じて更新することがあります(現在の内容は2022年5月17日に最終更新されています)。「佳景探訪」をご覧になる方は、本ページの内容を随時ご確認頂くことをお勧めします。
著作権
「佳景探訪」は沢原馨(Kaoru Sawahara)の著作物です。 [http://www.natsuzora.com/dew/] で始まるURLを有するすべてのWEBページ(広告を除くすべての文章・画像)の著作権は沢原馨が有しており、著作権法と国際条約によって保護されています。たとえ一部であっても著作権法の認める範囲を超えての転載・二次利用は著作権の侵害です。

「佳景探訪」内で使用している写真画像は、他への貸与を許可しておりません。「佳景探訪」の写真画像を他の媒体(非商用の個人サイト、ブログ等を含む)に転載する行為は著作権の侵害です。イメージタグによって当サイト内の画像を他サイトのウェブページ上に表示する行為も著作権侵害に該当する可能性の高いものです。ご注意下さい。
作者への連絡
沢原馨へご連絡頂く際は、「windseeker@natsuzora.com」宛にお願いします。
メール・アドレスは変更することがあります。
ご連絡の際には「佳景探訪」のサイト名かURLを必ずお書き添え下さい。お書き添え頂いていない場合、対応できないことがあります。
状況により、ご連絡を頂いてもすぐにはメールを拝見することができないことがあります。またメールの内容によってはお返事を遠慮させていただくこともあります。予めご承知置き下さい。
プライバシーポリシー
「佳景探訪」ではサーバに設置されたソフトウェアにより、アクセスログの解析、集計を行っています。アクセスログのデータには、閲覧されたページ、閲覧された日時、閲覧者のIPアドレス、ユーザエージェント(OSやブラウザの情報)などの情報が含まれています。これらの情報は通常のウェブ閲覧時にブラウザからサーバ側へ送信されているもので、閲覧者の氏名や住所、メールアドレスといった個人を特定する情報は含まれていません。アクセスログの解析、集計結果は、当サイトの改良などの目的のための統計的データとしてのみ使用し、他の目的で使用したり第三者へ公開することはありません。

「佳景探訪」の作者宛に頂いたご意見やお問い合わせなどのメールは、作者本人のみが拝読し、必要に応じて返信を差し上げます。メールの内容はもちろん、メール発信者のメールアドレスやお名前など、当該メールによって知り得た個人情報を、他の目的で使用したり第三者へ公開することはありません。

「佳景探訪」内の各ページには広告が配信、表示されています。これらの広告を配信している広告主、あるいは広告配信業者が閲覧者のアクセス情報収集のため、閲覧者のコンピュータ内にクッキーを保存、参照することがあります。収集された閲覧者のアクセス情報は、より適切な広告配信を可能とするために用いられます。クッキーの取扱いは広告主、あるいは広告配信業者のプライバシーポリシーに基づいて行われています。クッキーの保存、参照を快く思われない方は、お使いのブラウザにて「クッキーを保存しない」等の設定を行うことによってクッキーの受け取りを拒否することができます。またこれらの広告の配信、表示に於いて、広告主、あるいは広告配信業者が情報収集の目的でウェブビーコンを使用することがあります。この場合に於いてもその取扱いは広告主、あるいは広告配信業者のプライバシーポリシーに基づいて行われています。これらの手法による情報収集には当サイトの作者は直接的な関与をしておらず、これらの情報を当サイトの作者が他の目的で使用したり第三者へ公開することはありません。
ご案内
「佳景探訪」は沢原馨個人によって制作公開されています。個人にて写真撮影、本文執筆、WEBページ制作のすべてを行っています。特定の企業や自治体とは関係ありません。本文中の記述内容については複数の文献や信頼の置けるWEBサイトの情報に基づいていますが、時に誤りがあるかもしれません。情報の正確さを保証するものではありません。誤記や明らかな事実誤認などを発見されましたら、作者宛にご連絡頂けると助かります。

「佳景探訪」は沢原馨の個人的散策記を掲載したサイトです。散策の参考にご覧頂くことも想定していますが、基本的に「散策ガイド」や「散策コース紹介」といったものとは趣旨が異なります。あくまで「散策記」ですので、各ページに記述されている内容はコンテンツタイトル部分に記した年月の散策時のものです。場所によっては記述内容と現況が異なる場合があるかもしれませんが、敢えて改稿せず散策時の内容のままに残しています(記述内容と現況が異なることがわかった場合、可能な限り「追記」欄を設けています)。「参考情報」欄は随時加筆訂正を行いますが、必ずしも最新の状況を反映しているとは限りません。予めご了承下さい。

「佳景探訪」ではその対象を特定の地域に限定していませんが、東京都近郊が多くなるかもしれません。ただ、宮崎県南部については「日南海岸散歩」にて、また東京都八王子市、町田市、神奈川県相模原市、横浜市とその近隣地域については「横浜線沿線散歩」にて、それぞれ対象にしていますので、基本的に「佳景探訪」の対象はそれ以外の地域です。

「佳景探訪」には閲覧のためのガイドとして「地域別インデックス」と「テーマ別インデックス」を用意しています。「地域別インデックス」は原則として各都道府県別(東京都のみ「東京23区」と「東京多摩」に分割)にインデックスページを設置、「テーマ別インデックス」は「町散歩」や「紅葉散歩」など、各コンテンツのテーマ別にインデックスページを設置しています。閲覧される方の興味や目的に応じてご利用下さい。

「佳景探訪」内の各コンテンツページと各インデックスページには、必ず左上に「佳景探訪」アイコン画像が、ページ末尾には小さめの「佳景探訪」アイコン画像(64×64サイズ)が表示されています。これらの画像には「佳景探訪」トップページへのリンクが施されています。ご利用下さい。
リンク
「佳景探訪」へのリンクは自由に行っていただいてかまいません。事前の確認も事後の報告も必要ありません。「佳景探訪」は、自由に閲覧され、自由にリンクされることを前提に、インターネット上に公開されています。「佳景探訪」へのリンク行為に対して、当該リンク元ウェブサイトの内容や趣旨、形態、運営者等の如何に関わらず、禁止、制限、推奨、許諾、希望、要求等を行いません。本サイトへリンクしている他のウェブサイトについて、その内容や趣旨等に何ら関与していません。

「佳景探訪」の内部からから、必要に応じて他の外部ウェブサイトへのリンクが施されています。リンク先の外部ウェブサイトに関しては、その運営や内容、趣旨等に関与しておらず、従って責任を有していません。それぞれのリンク先サイトの注意事項に従ってご利用ください。

「佳景探訪」への閲覧者の誘導や「佳景探訪」の認知度向上などを目的に、「佳景探訪」の作者本人が「沢原馨」の名や、あるいは他の任意の名を用いて、各種SNS等のコメント等にて当サイトへのリンク設定を行ったり、URLの記入を行ったりすることはいっさいありません。
広告
「佳景探訪」はGoogle社の広告ネットワーク「Google AdSence」を活用して広告を掲載しています。個別の広告掲載の募集は行っておりません。「佳景探訪」への広告掲載をご希望の方は「Google AdWords」の活用をご検討ください。
ご招待
■日南海岸散歩
宮崎県南部の観光地として有名な「日南海岸」の散策記です。有名な観光地から小さな港町まで。観光ガイドとしてもお使い下さい。

■横浜線沿線散歩
東京都八王子市、町田市、神奈川県相模原市、横浜市を中心とした地域の散策記です。当該地域の公園や花の名所へのガイドとしてもお使い下さい。

■Instagram沢原馨アカウント
「横浜線沿線散歩」の作者、沢原馨はInstagramのアカウントを持っています。原則として一日に一回、撮りためた写真の中から季節感の合うものを選んで投稿しています。

■「トラベルjp 旅行ガイド」観光の専門家が教えるスポットガイドメディア
「トラベルjp 旅行ガイド」沢原馨プロフィールページ
「佳景探訪」の作者、沢原馨は、旅行ガイドサイト「トラベルjp 旅行ガイド」様から「寄稿してもらえないか」とのお誘いをいただきまして、2016年9月より当該サイトにてお勧めの旅行先を紹介する「ナビゲーター」として記事を書かせていただいております。
「トラベルjp 旅行ガイド」での掲載記事は、先方サイトの編集方針に従い、「旅行を喚起する」ことを目的に「お勧めの旅行先を紹介する」というスタンスで制作、文章量や写真点数はコンパクトにまとめ、閲覧者の興味を引きやすいタイトルが付けてあります。基本的にすでに沢原の自サイトで取り上げているものから題材を選んでいますので、日頃から沢原のサイトをご覧いただいている方にとっては物足りない内容かもしれません。「お勧めする」というスタンスのダイジェスト版を、先方サイトの編集方針に則って新たに書き起こし、寄稿している、と考えていただければいいでしょう。寄稿記事に使用した写真は自サイトで使用しなかった写真(いわゆる「お蔵入り」となっていた写真)から選定していますので、その点ではお楽しみいただけるかもしれません。
「トラベルjp 旅行ガイド」ではさまざまなナビゲーターさんがさまざまな視点でそれぞれのお勧めスポットを紹介なさっています。興味を持たれた方はご覧いただくとよいでしょう。