佳景探訪
葉山あじさい公園
神奈川県葉山町の「あじさい公園」は三千株の紫陽花が植えられ、紫陽花の名所として知られる。園内は眺望が開け、遠く江の島も望める。紫陽花が見頃の六月下旬、葉山町の「あじさい公園」を訪ねた。



葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

葉山あじさい公園
神奈川県葉山町、一色海岸の北に「三ヶ岡山」と呼ばれる丘陵地が横たわっている。その「三ヶ岡山」は、ほぼすべてが「県立はやま三ヶ岡山緑地」として整備されているが、その緑地の北に「三ヶ岡山ハイキングコース」の入口のひとつを兼ねて「あじさい公園」という公園が設けられている。1975年(昭和50年)に開園したものという。「あじさい公園」は面積2,326平方メートルの小さな公園だが、その名が示すように紫陽花の名所として名高い。約3,000株の紫陽花が植えられており、「かながわ花の名所100選」にも選ばれているところだ。紫陽花が見頃を迎える六月には大勢の人たちが観賞に訪れる。

「あじさい公園」は真名瀬海岸から西へ住宅地の中の道を辿って数百メートルのところに位置している。南側には三ヶ岡山の丘陵が横たわり、その北側の丘裾の一部を整備して公園を設けた形だ。住宅地の中を緩やかに上る道を辿ってゆくと公園入口が現れる。入口横の斜面もすでに公園の一部で、紫陽花が美しく彩っている。入口から斜面に造られた小径を上ってゆくと、丘の斜面を巧みに活かしていくつかの広場が設けられ、そのすべてを覆い尽くすように紫陽花が植えられている。

「あじさい公園」には約3,000株、十数種類の紫陽花が植えられているという。3,000株という数字はなかなか実感しにくいが、充分に規模の大きなものだと言っていい。例えば東京都内の紫陽花の名所として名高い文京区の白山神社の紫陽花が、同じ3,000株である(2017年現在)。「あじさい公園」は面積0.2haを少し超えるほどの小さな公園だから、その中に3,000株の紫陽花が植えられていれば、自ずとその“密度感”は高くなる。公園全体がまさに紫陽花に“埋め尽くされた”ような景観が見事だ。園内に設けられた広場を巡れば、紫陽花に包まれたような感覚を味わいながらの散策が楽しめる。

「あじさい公園」の特筆すべき魅力のひとつは、園内の広場からの眺望だ。園内で最も高所に当たる広場は展望所として整備され、北から西にかけて視界が開けて爽快な眺望を楽しむことができる。北には葉山町堀内の町並みを見下ろし、その向こうには逗子市との境に横たわる丘陵地が見えている。西には森戸海岸から真名瀬海岸にかけての海岸部がよく見え、葉山燈台、いわゆる「裕次郎灯台」の姿も見ることができる。その向こうには遠く江の島の島影を望み、七里ヶ浜から稲村ヶ崎周辺の海岸線が延びる。天候に恵まれれば、湘南の風景の向こうには遠く富士山の姿を見ることもできる。海にはディンギーの白い帆が映えて、リゾート感を誘って美しい。この眺望を楽しむことを目的に「あじさい公園」を訪れても、決して後悔しない。紫陽花の季節でなくても充分に楽しめるだろう。この眺望はいつまで見ていても飽きない。“絶景”と言っていい。

眺望を楽しめる広場から西側へ斜面を降りる小径がある。降りてゆくとさらに広場があり、そこは“ガクアジサイの林”とでも言うべきところだ。広場内にはガクアジサイが植え込まれ、その中に足を踏み入れれば、まさにガクアジサイに包まれる。この広場もぜひ見ておきたい。ガクアジサイの広場からは下に降りてゆくことはできず、また上の広場に戻らなくてはならないが、上り下りの小径も紫陽花に覆われていて楽しい。

葉山町の「あじさい公園」は決して大きな公園ではないが、園内に咲き誇る紫陽花が見せる見事な景観と、展望所からの眺望の魅力は素晴らしく、“名所”と言っていい。紫陽花の咲く季節にはぜひ訪ねてみたい公園である。




葉山町堀内の町

葉山町堀内の町
葉山町の「あじさい公園」を訪ねたときには、ぜひ周辺の町並みの散策も楽しんでおきたい。周辺は住宅地だが、細い路地が入り組む様子が楽しく、ついつい散策の足を延ばしたくなる。町歩きの好きな人、路地歩きの好きな人なら充分に楽しめるだろう。もちろんさらに足を延ばして森戸海岸から真名瀬海岸にかけての散策を楽しむのもお勧めだ。リゾート感漂う葉山の海岸の風情が旅情を誘い、ひとときの“旅気分”を味わうことができる。
参考情報
交通

葉山町の「あじさい公園」へはJR横須賀線逗子駅や京浜急行逗子線新逗子駅からバスを利用しなくてはならない。バス便などの詳細については葉山町公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)などを参照されたい。

「あじさい公園」には来園者駐車場は用意されていない。車で来園する場合は森戸海岸周辺に点在する民間駐車場を利用するといいだろう。森戸海岸周辺の民間駐車場は7月、8月の夏期は駐車料金が夏期料金となるので注意されたい。

遠方から車で訪れる場合は、横浜横須賀道路を逗子ICで降り、逗葉新道から国道134号を辿るのがわかりやすい。

飲食

公園周辺は住宅街で飲食店などはないが、森戸海岸周辺にはお洒落な飲食店が多数建ち並んでいる。町散策を兼ねて足を延ばすといい。

公園内にはベンチも置かれているから、お弁当持参で来園し、眺めを楽しみながらのランチタイムもお勧めだ。

周辺

あじさい公園の南側の丘陵地は「県立はやま三ヶ岡山緑地」だ。あじさい公園も「県立はやま三ヶ岡山緑地」の入口のひとつになっている。そのまま「県立はやま三ヶ岡山緑地」へと足を延ばすのもいい。

あじさい公園から西へ住宅街の中を辿れば10分ほどで海岸に出る。真名瀬海岸から森戸神社、さらに森戸海岸へと散策してみるのもお勧めだ。海岸を離れて細い路地の入り組む町中へ足を延ばすのも楽しい。
葉山あじさい公園

葉山あじさい公園

関連する他のウェブサイト

海景散歩
紫陽花散歩
神奈川散歩