佳景探訪
桜咲く大庭城趾公園
神奈川県藤沢市の中央部に位置する大庭城址公園は中世の山城跡を公園として整備したものだ。公園内には桜が多く植えられ、春には多くの花見客を迎えて賑わう。桜が盛りの四月上旬、大庭城址公園を訪ねた。



桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園
神奈川県藤沢市のほぼ中央部、大庭地区に位置する大庭城址公園は中世の山城跡の丘を整備して公園としたものだ。木々の茂る丘の上には広場が設けられ、市民の憩いの場として親しまれている。広場には桜が多く植栽され、春の花期には見事な景観となって春爛漫を演出する。地元では花見の名所として広く知られているようで、お花見に訪れる人たちの姿も多い。

大庭城址公園でのお花見の中心となるのは、やはり「大芝生広場」と名付けられた広場だ。「大芝生広場」は大庭城址公園のメインとなる広場で、初夏から夏にかけては緑濃い風景が美しいが、広場を囲むように桜が植栽されており、春には圧巻の景観を見せる。それぞれの桜はなかなかの樹齢を重ねているようで、大きく枝を張って咲き誇る姿は見応え充分だ。広場にはクスノキなどの常緑樹も少なくないから、それらの木々の緑と桜との取り合わせも美しいコントラストを見せて良い風情だ。広場の中央部付近にもシンボルツリーのように大きな桜が枝を広げており、その姿も美しく印象深い。

桜の下ではシートを広げて花見を楽しむ人たちの姿がある。ほとんどが家族連れのようだが、友人同士のグループや年配のご夫婦なども少なくない。一人で訪れたらしい人の姿もある。それぞれに桜の景観を楽しみながら春の休日を過ごしている。酒盛りの果てに大騒ぎをするような人たちの姿はなく、概ね静かで落ち着いた印象だ。

広場の中から周辺部へと花見の人たちの中を辿れば、さまざまに美しい桜の景色に出会う。場所を変えれば見える景色の表情も変わり、それぞれに美しくフォトジェニックで飽きることがない。桜はほとんどがソメイヨシノのようだが、オオシマザクラの姿もあった。薄紅色のソメイヨシノの中で、真っ白なオオシマザクラが存在感を放っている。

「大芝生広場」の南側、「花の広場」や「館址広場」横の通路脇にも大きな桜が咲いている。こちらはヤマザクラだろうか。「大芝生広場」のソメイヨシノとはまた違った印象の景観を見せている。園内のあちこちを巡っていると、さまざまに美しい桜の景観に出会う。その出会いが桜散歩の醍醐味と言っていい。

春の大庭城址公園は「花見の名所」と言っていい。それぞれの桜の木の大きさや枝の張り方、咲き誇る様子の密度感など、見事な景観だ。桜が満開を迎える時期、お弁当を持って花見に訪れるのに最適な公園だと言えるだろう。近くに暮らす人たちはもちろん、少し遠方から訪れても期待を裏切らない。素晴らしい桜の景色である。




桜咲く舟地蔵公園

桜咲く舟地蔵公園
「大庭城址公園」の丘を南へ下りて、小糸川を渡った南側に、舟地蔵公園という小公園がある。1.5haほどの面積の小公園だが、この舟地蔵公園でも美しい桜景色を楽しむことができる。桜の木はそれほど多くはなく、大きくもないが、のんびりと穏やかな空気感が魅力だ。こちらはお花見の人もあまり多くなく、小さな子どもを連れたお母さんたちが数組、桜の下でランチタイムを過ごしている。その光景も素敵だ。

「花見」という点では少し物足りないが、桜の咲く季節にのんびりと公園でのひとときを過ごすには良いところだろう。花見客で賑わう大庭城址公園を敢えて避けて、この舟地蔵公園でのんびりとした花見を楽しむという選択肢も、充分に納得できるものだと思える。
参考情報
本欄の内容は大庭城趾公園関連ページ共通です
交通

大庭城趾公園の最寄り駅は小田急江ノ島線善行駅だが、公園まで2km以上の距離がある。藤沢駅や辻堂駅、小田急江ノ島線湘南台駅などからのバス路線を利用するのが賢明だろう。バス路線の詳細などは藤沢市サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)などを参照されたい。

車で訪れる場合は藤沢バイパス(国道1号線)の「城南」交差点から県道43号線を北上するのがわかりやすい。城南交差点から1.5kmほど北上し、舟地蔵交差点を過ぎると左手に公園がある。綾瀬市方面から来る場合も県道42号線から県道43号線へと辿るのがわかりやすいだろう。県道43号線を南下し、藤沢変電所を過ぎた辺りで右手に公園の丘が見えてくる。

公園駐車場は公園西側に設けられているが、初めての人には場所がわかりにくいので注意されたい。駐車場は40台分近い駐車スペースがあるが、充分ではなく、行楽シーズンの休日には満車状態が続くようだ。余裕を持って出かけた方がいい。

桜の花期、お花見シーズンには公園駐車場は駐輪場と身障者用駐車場として利用され、一般の駐車はできない。臨時駐車場も用意されていないので、車での来園は避けた方がいい。

飲食

公園内にはレストランや売店などはない。近辺にも飲食店はほとんど無いので、お弁当持参での来園をお勧めする。コンビニエンスストアは公園南側、小糸川を渡った南側に2店ほどある。

公園周辺から少し離れれば、県道43号線沿いや公園西側の「湘南ライフタウン」内に飲食店が点在している。

周辺

大庭城趾公園から県道43号線を挟んだ東側、引地川の河畔に引地川親水公園がある。さらに引地川に沿って、河畔には水田の広がる田園風景も残っている。引地川河岸の散策に足を延ばしてみるのも楽しい。

大庭城趾公園の北西側、「湘南ライフタウン」内には裏門公園や二番構公園など、城跡を偲ばせる名の公園が点在している。それぞれ小さな公園だが、公園巡りを愉しむのも悪くない。
桜咲く大庭城趾公園

桜咲く大庭城趾公園

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ


桜散歩
神奈川散歩