埼玉県毛呂山町の毛呂山総合公園は体育館や多目的グラウンドなどを有する町民のための総合公園だが、園内には桜が多く植えられ、春には美しい景観を見せる。桜が盛りの四月上旬、毛呂山総合公園を訪ねた。
桜咲く毛呂山総合公園
毛呂山総合公園はその名が示すように埼玉県毛呂山町が設けた総合公園だ。13haほどの面積を有する園内には体育館や多目的グラウンド、テニスコートなどが設けられ、町民のスポーツ活動の場などとして親しまれている。園内には桜が多く植えられており、春には美しい景観を見せてくれる。あくまで町民のための公園であり、行楽地的性格を併せ持っているわけではないが、桜の時期にお花見に訪れるのもお勧めだ。
桜咲く毛呂山総合公園
公園のほぼ中心には体育館が建っている。体育館北側は「入口広場」だ。「入口広場」の北側、フェンスの外側に桜の大木が並んでいる。桜の枝はフェンスを越えて広場側に張り出し、見事な景観だ。ちょうど桜の枝の下に当たるところにはベンチが設けられているから、腰を下ろしてのんびりとお花見を愉しむのがお勧めだろう。
桜咲く毛呂山総合公園
「入口広場」の北側は駐車場になっており(普段は使われていないようだ)、その周辺に数多くの桜が植えられている。それらの桜は見る角度によってさまざまな表情を見せてくれて飽きることがない。駐車場側から見ると、外縁部に並ぶ桜を見上げる形になる。周辺は田園地帯で高い建物もなく、桜の背景には青く澄んだ春空が広がるばかりだ。素晴らしい春景色だ。
桜咲く毛呂山総合公園
「入口広場」の東側、公園の北東端に当たる部分には多目的グラウンドが設けられている。グランドの中から西の方角に視線を向ければ、春の山々を背景に駐車場周辺に並ぶ桜が見える。山々は新緑と桜色に彩られ、まさに春爛漫の風景だ。“桜の咲く景観”として特筆すべき美しさだと言っていい。
桜咲く毛呂山総合公園
東側に視線を向ければ多目的グラウンドの東側にも桜がある。それほど数は多くないが、新緑の芽吹いた山々の木々との競演が美しい。これも少し離れて“桜の咲く景色”として愉しむのがお勧めだ。
桜咲く毛呂山総合公園
公園の東側は丘陵地になっていて、その丘裾を辿るように散策路が辿っている。多目的グラウンドの東側から、その散策路に入っていける。グラウンドの中から東方向に見えた桜の一部が散策路脇に並んでいる。ほとんどはソメイヨシノのようだが、ヤマザクラらしい桜も混じっている。桜と新緑に彩られた散策路を歩けば春満喫の気分である。
桜咲く毛呂山総合公園
散策路の東側、木々が取り払われて開けた丘の斜面にハナモモが植えられている。ハナモモも今が花の盛りだ。白や濃いピンクのハナモモが新緑が芽吹き始めた丘の斜面を彩る。散策路から見上げれば丘の木々や青い空を背景にハナモモの色彩が映える。思わず見とれてしまう、美しい景観だ。
桜咲く毛呂山総合公園
散策路をさらに辿っていけば遊具類を設けた「冒険広場」の横を抜け、体育館の裏を抜けて「芝生広場」の横に至る。ハナモモの下辺りでは散策路は舗装されていたが、「芝生広場」横辺りまで来ると未舗装の山道だ。素朴な表情の散策路を芽吹きの季節を迎えた落葉樹の新緑が包む。この季節ならではの風情である。
桜咲く毛呂山総合公園
「芝生広場」にはほとんど桜がないが、池の対岸の岸辺にオオシマザクラらしい桜が一本咲いている。「芝生広場」からは池越しに見る形になるが、それもなかなか風趣に富んだ景観だ。
桜咲く毛呂山総合公園
「芝生広場」の南側には、かつてプールとして使われていた(プールが閉鎖された後の一時期は「花蓮広場」として使われていたが、現在は閉鎖中)区画があるが、そのエントランス部分にも桜が並んでいる。ここの桜もなかなか見応えがあって美しい。
桜咲く毛呂山総合公園
春の毛呂山総合公園は“桜の咲く風景”としての魅力に溢れている。のんびりと散策しながら桜の風景を愉しむのがお勧めだ。残念ながら「芝生広場」には桜が少ないが、花見散歩の後は広場にシートを広げてランチタイムを楽しむのがお勧めだ。自然溢れる中でゆったりとした春の休日を過ごすことができる。
桜咲く毛呂山総合公園
公園の周辺、特に北側から西側にかけては長閑な田園風景の広がるところで、その中に桜やハナモモが春の色を添えて美しい景観を楽しむことができる。公園から周辺へと散策の足を延ばすのもお勧めだ。
桜咲く毛呂山総合公園
参考情報
交通
毛呂山総合公園の最寄り駅はJR八高線毛呂駅で、駅から2kmほどの距離だ。徒歩で30分ほどか。田園風景を愉しみながらのんびり歩いて訪ねるのも悪くない選択だ。

車で訪れる場合には毛呂山町中心部から県道30号を南に数百メートル行ったところの「鎌北湖入口」交差点から辿るのがわかりやすい。「鎌北湖入口」交差点から1km強の距離だ。遠方から訪れる人は関越自動車の道鶴ヶ島ICや坂戸西スマートIC、圏央道の圏央鶴ヶ島ICなどから、まず毛呂山町中心部を目指そう。

毛呂山総合公園には駐車場が設けられており、駐車スペースも比較的余裕がある。

飲食
毛呂山総合公園には売店やレストランなどは併設されていない。周辺にも近くに飲食店はない。のんびりと時間を過ごしたいのであれば、お弁当を持参しよう。毛呂駅周辺へ移動すれば県道30号沿いなどに飲食店が点在している。

周辺
毛呂山総合公園の位置する大谷木地区は長閑で美しい田園風景の広がるところだ。公園の周辺をのんびりと散策するのもお勧めだ。

毛呂山総合公園から県道186号をさらに西へ(山間部へ)辿ると鎌北湖だ。春の桜や秋の紅葉が美しい。少し距離があるが足を延ばしてみるのもいい。

県道186号を西に辿って途中から北側に逸れて進めば、西阿諏訪川の源流付近に獅子ヶ滝がある。また毛呂山総合公園から南へ向かう道を辿っていけば宿谷川の上流部には宿谷の滝がある。車で訪れたときなど、余裕があれば立ち寄ってみたい。
桜散歩
埼玉散歩