佳景探訪
紅葉の蘆花恒春園
東京都世田谷区の蘆花恒春園は徳冨蘆花の旧邸跡を保存、その周辺を含めて公園としたものだ。園内にはさまざまな樹木が茂り、晩秋になれば美しく紅葉に染まる。紅葉が見頃となった十二月初め、蘆花恒春園を訪ねた。



紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園
東京都世田谷区の蘆花恒春園は明治大正期の小説家、徳冨蘆花が晩年を過ごした旧邸跡を保存し、その周辺も含めて公園として整備したものだ。園内には「恒春園区域」として徳冨蘆花が暮らした家や庭が保存され、その周辺に樹林地や広場などを設けた「開放公園区域」が設けられて公園の全体像を形作っている。園内には「恒春園区域」と「開放公園区域」との双方を含めてさまざまな樹木が茂り、春の新緑も美しく、夏には緑陰が嬉しい。晩秋になれば木々が紅葉し、公園を季節の色彩に彩る。

晩秋の蘆花恒春園の見所は何と言ってもまず「恒春園区域」の紅葉だ。「恒春園区域」には徳冨蘆花の旧邸と庭が往時のままに保存され、今も武蔵野の面影を残している。その庭にモミジが多く植えられており、それらが美しく紅葉に染まる。紅く染まったモミジそのものももちろん美しいが、モミジと徳冨蘆花旧邸とが織り成す風景が何とも風趣に富んでいる。園路を辿ってのんびりと巡れば建物と紅葉とが織り成す風景はさまざまに表情を変え、飽きることがない。庭の園路を辿りながら見上げれば、紅葉したモミジと常緑樹との色彩のコントラストも美しく、秋の日差しを浴びて輝く様子が素晴らしい。

「恒春園区域」と並んで見所と言えるのが、公園北東側に位置するイチョウの樹林だ。公園の歴史を物語るように大きく育ったイチョウが黄葉に染まり、樹林の中は黄金の空気に満たされている。訪れたとき(2015年12月始め)にはイチョウはかなり落葉が進んでおり、樹林地の地面は黄金の絨毯と化していた。それが日差しを浴びて輝き、樹林地の中をますます黄金に染め上げる。その風景が素晴らしい。見上げれば日差しを浴びたイチョウが秋空を背景に浮かび上がる。その光景も見事なものだ。

公園南東側の「花の丘」や「多目的広場」、西側の「児童遊園」へと園内を巡れば、モミジやトウカエデ、ケヤキ、クヌギといった木々がそれぞれに美しい晩秋の表情を見せてくれる。ケヤキやクヌギ、コナラといった木々の紅葉はモミジやイチョウに比べれば地味な印象もあるが、日差しの向きによっては見事な色彩を見せてくれる。園内を巡っているとさまざまに美しい景観に出会う。秋の公園が見せてくれる美しい風景を探しながらの散策がお勧めだ。

紅葉の時期に蘆花恒春園を訪れたなら、公園の一部のように北側に隣接する八幡神社にも足を延ばしておきたい。境内には世田谷区の保存樹木に指定されたイチョウの大木があり、そのイチョウが黄葉して見事な景観を見せてくれる。境内から見上げるように眺めるのも美しく、少し離れてその大きさを実感するのもいい。見事なイチョウだ。

蘆花恒春園は“紅葉の名所”として語られることは少ないが、見事な紅葉の景色が楽しめる。壮大な景観が見られる“名所”ではないかもしれないが、晩秋のひととき、のんびりと散策を楽しむには好適な公園だと言っていい。身近な紅葉を楽しめるところとして、近隣に暮らす人にはお勧めの公園である。
参考情報
本欄の内容は蘆花恒春園関連ページ共通です
「恒春園区域」は開園時間が決められており、夜間の入園はできない。入園料は必要ない。

交通

蘆花恒春園へは京王線の芦花公園駅や八幡山駅が近い。どちらも徒歩で十数分というところだ。バスを利用する場合は京王線千歳烏山駅か小田急線千歳船橋駅から、その両者を結ぶ路線を利用し、「芦花恒春園」あるいは「芦花恒春園前」バス停で下車すれば近い。

蘆花恒春園には来園者用の有料駐車場が設けられており、車で来園することも可能だ。駐車場は数十台分の駐車スペースが設けられている。公園周辺には数は少ないが民間駐車場も点在しているので、公園駐車場が満車の場合はそれらを利用するといいだろう。

駐車場は公園北東側に設けられており、環状八号線の「芦花公園前」交差点から西へ折れてすぐのところに駐車場入口がある。環状八号線を用賀方面(東名高速道路方面)から北上してきた場合は「芦花公園前」交差点で左折できるが、高井戸方面(中央自動車道方面)から南下してきた場合は右折できないので、蘆花恒春園の横を通り過ぎて「千歳台」交差点を右折、公園の周囲を回り込むようにして駐車場入口へ向かう必要がある。

遠方から車で訪れる人は中央自動車道や国道20号線、あるいは東名高速道路や国道246号線などを利用し、環状八号線へと辿ればわかりやすい。

飲食

公園内にはレストランも売店もない。公園周辺にも飲食店はほとんど見当たらない。飲食店を探すなら駅周辺へ移動した方が賢明だろう。

ピクニック感覚で訪れるのに好適な公園とは言い難いが、木々の茂った緑濃い公園なので、お弁当持参で訪れて園内のベンチなどを利用してランチタイムを過ごすのも悪くない。

周辺

蘆花恒春園の西、直線距離で1.5kmほど離れて祖師谷公園がある。蘆花恒春園から歩けば20分強といったところか。併せて訪ねてみてもいいだろう。
紅葉の蘆花恒春園

紅葉の蘆花恒春園

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ


紅葉散歩
東京23区散歩