横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市神奈川区三ツ沢西町
−三ツ沢公園−
桜咲く三ツ沢公園
April 2008
桜咲く三ツ沢公園
横浜市神奈川区の三ツ沢公園は陸上競技場やテニスコートなどが設置された規模の大きな運動公園だが、春の桜の名所としても名高く、桜の盛りの時期にはお花見を楽しむ人たちが大勢訪れて賑わっている。
桜咲く三ツ沢公園
三ツ沢公園の中でお花見の場所として最も人気が高いのは「桜山」と呼ばれる一角だ。その名が示すように桜の林となった一角で、花期には辺り一面が桜に染まって美しい景観を見せる。桜山の中の広場や林の中を辿る散策路の脇に、お花見の人たちが思い思いの場所にシートを広げて楽しんでいる。桜山の中は桜に包まれるような感覚で、「桜の咲く景観」というものを楽しみながらの散策にはあまり適してはいないように感じるが、桜の下で腰を落ち着けてのんびりとお花見を楽しむには良いところだろう。お花見を楽しむグループには大学生らしい若い人たちの姿が多いように感じたが、土地柄のせいだろうか。

桜咲く三ツ沢公園
桜山以外でも園内の随所で桜を見ることができる。テニスコート横には「新横浜通り」沿いに並木になった桜があり、園内の舗道からはテニスを楽しむ人たちの向こうに桜並木を見る形になる。咲き誇る桜の横でボールを追う人たちの姿も、穏やかな春の光景だという気がする。競技場脇などにも桜の木があり、芽吹いたばかりの新緑と鮮やかなコントラストを見せてくれる。「新横浜通り」を越えた北東側の一角には「横浜市戦没者慰霊塔」があるが、その前の広場脇にも桜が咲いている。数はそれほど多くないが、なかなか印象的な姿を見せてくれて楽しめる。

桜咲く三ツ沢公園
「横浜市戦没者慰霊塔」脇をそのまま北に抜けると、「子供の遊び場」と名付けられた一角に出る。丘の北斜面となった立地に各種の遊具を設置した一角で、南側の斜面上部からは眺望が開けて開放感に富んでいる。ここには濃いピンクが鮮やかな横浜緋桜が植えられており、これも素晴らしい景観だ。整備されて間もない一角だから桜の木もあまり大きくはないが、開放的な中でのんびりとしたお花見が楽しめる。お花見の人たちの姿もあるが、あまり知られていないのか、それほど大勢ではない。遊具類が置かれた一角だから子どものいる家族連れの姿が多いようだ。「お花見」というより、のんびりとした春の休日を過ごすのに良いところかもしれない。この一角の西には「豊顕寺市民の森」が隣接しており、ここも桜の名所として知られている。足を延ばしてみるといい。
三ツ沢公園は桜の名所として知られているだけあって、特に「桜山」の桜は見事なものだ。グループで宴を催して楽しむお花見向きといったところだろう。「横浜市戦没者慰霊塔」北東側の「子供の遊び場」は横浜緋桜を眺めながらピクニック気分で楽しむのに向いている。遊具が充実しているから子ども連れにもお勧めだ。桜の咲く公園の風景を楽しみながら園内をのんびりと散策するのも、もちろんお勧めだ。
桜咲く三ツ沢公園

桜咲く三ツ沢公園

桜咲く三ツ沢公園

桜咲く三ツ沢公園