横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市神奈川区三ツ沢西町
−豊顕寺市民の森−
桜咲く豊顕寺市民の森
April 2008
桜咲く豊顕寺市民の森
横浜市神奈川区三ツ沢西町の「豊顕寺市民の森」は桜の名所として知られている。「豊顕寺市民の森」は豊顕寺の寺林を「市民の森」として一般に開放しているものだが、この寺林には桜の木が約200本ほどあるという。

桜咲く豊顕寺市民の森
「豊顕寺市民の森」は北に低い斜面になっており、その最も北側に「桜広場」という名の広場がある。その名が示すように桜に包まれたような広場だ。木製のテーブルとベンチがいくつか設置された広場は、まさにお花見のために設けられているかのようだ。訪れた時にはすでに桜は盛りを過ぎ、ずいぶんと散ってしまっていたが、そのために広場は落ちた花弁によって文字通りピンクの絨毯と化していた。お花見の人たちはあまり多くなく、ひっそりとしていたが、毎年このようであれば、お花見の穴場と言っていいかもしれない。

「豊顕寺市民の森」の桜は林の中で他の木々に混じっており、河岸の桜並木などとは違ってその枝は高みへ向かって伸びている。「桜の咲く景色」という点では物足りなさもあるが、林の中へ入れば桜の中に包み込まれたような印象になり、それがなかなか楽しい。

「豊顕寺市民の森」の東側には三ツ沢公園の一部として「子供の遊び場」があり、ここでは鮮やかな横浜緋桜を見ることができる。また三ツ沢公園の「桜山」も桜の名所としてお花見に訪れる人の多いところだ。足を延ばしてみるといい。
桜咲く豊顕寺市民の森