日南海岸散歩
-
日南線の旅駅の横顔

伊比井駅
伊比井駅
海岸に沿って南下してきた日南線は、小内海の駅を過ぎるといったん海岸を離れ、鶯巣トンネルを抜けると日南市だ。再び窓外に海が見えるようになると、すぐに伊比井(いびい)の駅に到着する。伊比井は南北を岬に挟まれた入江を成し、砂浜と伊比井川に挟まれるようにして小さな集落がある。

日南線の線路は砂浜と集落とを東に見ながら山裾を辿っている。駅は山裾の斜面の立地で、線路に沿った国道220号線から石段を上がったところに駅舎が設けられている。駅下には伊比井のバス停があり、国道沿いには店舗もあるが、「駅前」としての佇まいはそれがすべてと言ってもいい。駅を利用する人はほとんどが地元の人たちだ。駅舎は小さなもので、もちろん無人駅だ。駅舎の周囲には蘇鉄が植栽され、南国の駅らしい風情を漂わせている。駅舎の奧に島式のホームがあり、ホームに立てば緑濃い風景と伊比井の入江が周囲に広がる。

伊比井は観光名所として知られるところではなく、美しい浜辺も海水浴場ではないが、近年では波乗りのポイントとして知られるようになり、波を待つサーファーの姿を見ることも多くなった。ホームには「名所案内」として「サボテン園」と「鵜戸神宮」、「富土海水浴場」の名があるが、鵜戸神宮へはバスで25分、富土海水浴場へはバスで5分を要する旨が記されている。「サボテン園」は営業不振と台風による被害のため、2005年3月31日をもって事実上閉園した。昔のままに「サボテン園」を記した案内板が、少し哀しげな風情だ。
伊比井駅伊比井駅

伊比井駅伊比井駅
2002年の春頃、宮崎あおいの主演で放送されたサントリー「緑水」のCMで、この伊比井駅が使われたという。宮崎あおいの扮する女の子が都会の駅で仲良く談笑しながら寄り添って歩くカップルを目撃する。そのカップルの男の子は宮崎あおい扮する女の子がほのかな思いを寄せる相手で、カップルの女の子は彼女の親友だったという設定であるらしい。宮崎あおい扮する女の子は傷心を抱いて電車に乗り、おそらく当てもなく列車を乗り継いで都会を後にしたのだろう、やがて田舎の駅に降り立つ。というドラマ仕立てのCMだった。この最後に宮崎あおいが降り立つ田舎の駅のロケが行われたのが、伊比井の駅だったらしい。緑濃い風景の中の小さなホームという佇まいが、CMのコンセプトに合致したのかもしれない。
伊比井駅
伊比井駅から南へ向かう日南線の列車はここでいったん海岸を離れ、山間部へと向かってゆく。窓外がいよいよ山深くなると谷之城トンネルへと入ってゆく。日南線の中で最も長いトンネルを抜けると日南市北郷町、間もなく北郷駅へと到着する。
伊比井駅
-
INFOMATION
伊比井駅
【所】日南市伊比井
【開】1963年(昭和38年)5月8日
-
この近辺
伊比井
-
▲(上り:南宮崎方面)−小内海内海折生迫 and more.
▼(下り:志布志方面)−北郷内之田飫肥 and more.
-
このWEBページは「日南海岸散歩」内「日南線の旅」カテゴリーのコンテンツです。
ページ内の写真は2006年夏に撮影したものです。本文は2007年4月に改稿しました。
-