横浜線沿線散歩横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市港北区岸根町〜篠原町
−岸根公園−
桜咲く岸根公園
April 2019
桜咲く岸根公園
横浜市港北区の岸根公園は広々として緑濃く、訪れる人の多い公園だ。遊具類が充実していることもあって小さな子どものいる家族には特に人気が高いようだ。その岸根公園は春の桜の時期にはお花見の人たちでたいへんに賑わう。
桜咲く岸根公園
公園の東端部分、横浜上麻生道路に面したエントランスは横浜市営地下鉄の岸根公園駅があり、地下鉄を使って公園を訪れる人も少なくない。駅を降りて公園内に入ると、篠原池の岸辺に咲く桜が出迎えてくれる。ソメイヨシノが大きく枝を張って咲き誇る様子はとても美しく、桜と池との取り合わせにも風情がある。岸辺にはお花見の人たちも多く、シートを広げて桜を眺めながらのランチタイムを楽しむ家族連れの姿も少なくないが、岸辺の散策路や池を横切る浮橋を辿ってのんびりとお花見散歩を楽しむのもお勧めだ。

桜咲く岸根公園
公園中央部に位置する「せせらぎ広場」は春の休日を楽しむ家族連れで大いに賑わっている。広場の北側に「忍者とりで」と名付けられた大型の複合遊具が設置されており、これが子どもたちの人気を集めている。「せせらぎ広場」には桜はなく、「忍者とりで」の向こうにわずかに桜が見える程度だ。「せせらぎ広場」にシートを敷いてくつろぐ家族連れはお花見というより、春のピクニック感覚で公園に訪れたのだろう。そのような目的で訪れても、春の岸根公園は充分に期待に応えてくれる。

桜咲く岸根公園
公園西側を占める「ひょうたん原っぱ」には濃いピンク色の桜が咲いている。「ヨウコウ」に似ているが、こちらは「ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)」という名の桜だ。1970年代の初め、横浜市港北区の園芸家によってカンヒザクラ(寒緋桜)とケンロクエンクマガイ(兼六園熊谷)を交配して作られた。岸根公園を初め、横浜市内の公園などに多く植栽され、その姿を見る機会も多くなった。鮮やかな色彩は絢爛な印象があり、ソメイヨシノやヤマザクラなどとはまた違った魅力がある。広々として開放感のある広場の中、鮮やかに咲き誇る横浜緋桜の下には大勢の人たちがシートを広げてくつろぎ、お花見を楽しんでいる。

桜咲く岸根公園
「ひょうたん原っぱ」の北西側、公園外縁部に近い辺りに、木々に囲まれて緩やかな斜面になった部分があるのだが、ここにはソメイヨシノの中にヨコハマヒザクラが競うように咲いている。どちらも葉が出る前に花が満開となるのは同じで、樹形もほぼ同じなのだが、花の色が塗り分けたように違うのが面白い。この一角にもお花見の人たちの姿が少なくない。奥まった場所の目立たない一角なのだが、地元の人たちにはよく知られているのだろう。子どもたちで賑わう「せせらぎ広場」に比べれば比較的静かで、のんびりとお花見を楽しみたい人はこの辺りまで足を延ばすのがお勧めだ。
桜の季節の岸根公園はとても魅力的なところだ。のんびりと腰を落ち着けてのお花見にもよく、お花見を兼ねた散策にもいい。広々とした公園“桜の咲く風景”としてもたいへんに美しい。園内の桜はほとんどソメイヨシノとヨコハマヒザクラのようだが、オオシマザクラらしい桜もあった。桜の花を楽しみながら園内を歩けば場所によって表情も変わって飽きない。のんびりと園内を散策した後はどこかにシートを広げ、お花見を楽しみながらのランチタイムを過ごすのがお勧めだ。遊具類も充実した公園だから子どもたちも楽しめるだろう。
桜咲く岸根公園
桜咲く岸根公園
桜咲く岸根公園