横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市港北区岸根町〜篠原町
岸根公園
April 2001
岸根公園
横浜市港北区のほぼ南端、神奈川区に接する辺りに岸根公園という公園がある。その地下を横浜市営地下鉄が通り、「岸根公園」という名の駅もあるので、その存在を知る人は多いだろう。そもそもは1940年(昭和15年)に防災緑地を兼ねた公園として整備が始まったらしいが、戦時中は軍の基地となり、戦後は米軍に接収され、1970年代になってようやく接収解除にともなって新たに整備し直されたものだという。

岸根公園
六角橋の繁華街にも近く、公園の周囲は市街地だが、木立に囲まれた広場を中心にした園内は広々として開放感がある。公園の東端部分、横浜上麻生道路と水道道との交差点の角には県立武道館が併設され、その横には夜間照明設備を備えた軟式野球場も置かれている。水道道に面して駐車場も用意されている。駐車場は有料だが100台を越える駐車スペースがあり、車で訪れる人も少なくないようだ。
駐車場の横の入口が公園のメインエントランスという位置づけだろうか。そこから入ると「中央広場」というスペースがあり、傍らに管理所も置かれている。「中央広場」からは正面に一段低くなった「せせらぎ広場」を見下ろすことができて、緑に包まれた公園のほぼ全容をつかむことができる。

岸根公園 ひょうたん原っぱ
「中央広場」から左手に進むと広々とした芝生の広場が待っている。「ひょうたん原っぱ」と名付けられている。なぜ「ひょうたん」なのかと思うが、園内の見取り図を見ると、広場を囲む木立の並ぶ形状が「ひょうたん」の形をしており、そのためなのだろう。「ひょうたん原っぱ」は広々とした開放感が魅力的だ。周囲の建物を木立がうまく隠してくれて、穏やかな空間を演出している。木立も疎らに過ぎず、密に過ぎず、ほどよく陰を落とす様子がいい。木陰にはベンチなども置かれていて、散策の途中の一休みといった風の人の姿も多い。広場を歩くと水道道を走る車の音が聞こえてはくるが、気になるほどではない。訪れた日、原っぱの端ではゴム動力の模型飛行機を飛ばして楽しむ年輩の人たちの姿があった。趣味のサークルなのだろうか。あまりに飛びすぎて木立の枝に引っかかってしまったものもあって、取るのに苦労されているようだった。

「ひょうたん原っぱ」の北西側の端から公園の敷地はさらに北西に向かって細長く延びている。「ひょうたん原っぱ」からはわずかに高くなって「ゆうゆう広場」や少年野球場が置かれ、さらに西口広場へ至る。「ゆうゆう広場」は砂場や遊具などを配した子どもたちのためのスペースだが、岸根公園の一部というより、隣接した小さな児童遊園という印象だ。近所の保育園らしい子どもたちが遊びに来ていた。
岸根公園 忍者トリデ
「ひょうたん原っぱ」の東、「中央広場」の正面には「せせらぎ広場」と名付けられたスペースがある。周囲からは斜面によってすり鉢状に低くなっている。「せせらぎ広場」の北側部分には「忍者トリデ」という名の遊具施設がある。フィールドアスレチック風に造られた複合遊具で、この種の遊具としては規模も大きく、ローラーによる滑り台などもあり、子どもたちの人気を集めている。「忍者トリデ」の一部には小さな池が設けられており、その水は「せせらぎ広場」の名が示すように、そのまま水路となって東へ流れ、「篠原池」へと注ぐ。

岸根公園 せせらぎ
水路は初夏から夏にかけては子どもたちの水遊びの場所として人気のようだが、残念ながらガラスの破片などによる事故もあるようで、「原則として水に入るのは禁止」の旨の注意書きがあった。「原則として」の部分だけ赤で記され、さらに「決して裸足では入らないように」との旨の但し書きがあるのを見ると、管理側の責任を放棄するわけではないのだろうが、あくまで遊ぶ(遊ばせる)人たちの「自己責任」で、ということなのだろう。せせらぎは人工的なもので自然の渓流を思わせるような風情には足りないが、地形の起伏を利用して巧みに造られており、子どもたちにとっては充分に楽しめる場所に違いない。遊ぶ時には濡れても大丈夫なサンダルなどを用意しておくとよいだろう。
岸根公園 篠原池
「せせらぎ広場」から東へさらに低くなって篠原池がある。かつては殺風景な調整池だったらしいが、現在の篠原池はうまく親水広場として整備されている。水辺の植物が茂り、鴨の姿なども見ることができる。池の岸には木製のデッキも設置され、池の中ほどを横切るように橋が渡されている。見ると橋は浮き橋で、「大雨の時は80cm高くなる」との旨の注意書きがある。

篠原池の横の遊歩道を辿ると横浜上麻生道路へ出る。傍らには市営地下鉄の「岸根公園」駅への入口もあって、公園のもうひとつの玄関口といった印象だ。地下鉄やバスを利用して訪れる人たちにはこちらがメインの公園入口ということになるだろう。岸根公園はその名が示すように「岸根町」に位置し、横浜上麻生道路を隔てた北側に「篠原町」があるのだが、地図をよく見ると、この篠原池のあたりは篠原町に位置するようで、そのためにこの名があるのだろう。この池がもともとこの地にあったものなのかどうかはよくわからないのだが、かなり昔にはこのあたりは沼地であったらしく、「岸根」も「篠原」も古くからの地名であることを考えれば、「篠原池」というのは昔からのものなのかもしれない。

篠原池の横を抜けて「せせらぎ広場」へ至る遊歩道は道脇に花水木が植えられ、美しい姿を見せていた。遊歩道は「花水木の小径」と名付けられ、由来を示す案内板が置かれている。案内板の説明によれば、花水木は1991年(平成3年)に港北区の木に選定されたのだそうで、この小径には6種類の花水木と花水木に似た日本のヤマボウシ3種類、合計60本が植えられているとのことだ。花水木は北アメリカ原産で、日本に入ってきたのは1915年(大正4年)のことであるらしい。案内板にはそういったことも添えられている。散策の際には目を通しておくとよいだろう。
岸根公園岸根公園
岸根公園 ゆうゆう広場
市街地の中にあってかなり広い敷地を有する岸根公園は緑豊かな穏やかな空間が魅力だ。遠方から訪れるような行楽地的性格ではないが、それもかえって近くに暮らす人たちにとっての日常的な憩いの場として良いことだろう。小さな子どものいる家族にとってはのんびりとした休日を提供してくれる公園に違いない。有料ながら駐車場も用意されているのでアクセスは便利だが、地下鉄の駅が間近にあり、地下鉄沿線に暮らす人には特に利用しやすい公園であるだろう。篠原池側の道路沿いにファミリーレストランやコンビニエンスストアなどもあって食事などにも困らない。お弁当を持参して広場の木陰でのアウトドアランチもお勧めだ。
岸根公園 せせらぎ広場