横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市港北区岸根町〜篠原町
−岸根公園−
秋の岸根公園
November 2005
秋の岸根公園
岸根公園は緑に包まれた穏やかな空気感が魅力の公園だが、秋の装いを身につけた姿もとても魅力的だ。低い角度で差す陽光が黄葉した木々の陰を長く落とし、光と影の織りなす秋の表情が美しい。

秋の岸根公園
公園を訪れた11月初旬、モミジの紅葉にはまだ早く、この時期の主役はハナミズキ、カツラ、ユリノキ、モミジバフウといった落葉樹だ。それぞれの樹木が秋の色に染まり、陽光に輝く。秋晴れの澄んだ青空を背景に見る様子などはたいへんに美しい。「中央広場」から「ひょうたん原っぱ」、「せせらぎ広場」にかけての区域にはこれらの樹木が多く植栽されていることもあって、辺り一帯が秋色の空気に包まれているかのようだ。すでに落葉が進んで枝のシルエットを残すだけの樹木もあるが、それもまた空気の透明感を感じさせて美しい。

遊具類が充実し、開放感のある広場もあり、普段から子どもたちの遊び場として人気を集める公園だが、秋の岸根公園にも多くの子ども連れが訪れて賑わっており、それに混じって地元の人たちがのんびりと秋の散策を楽しんでいる。「紅葉の名所」と呼ぶには相応しくないと思うが、さまざまな落葉樹の見せる色彩はこの時期の岸根公園の大きな魅力と言っていい。それぞれの木々の表情を楽しみつつ、秋の風情を味わいながらの散策はなかなか素敵なひとときだ。
秋の岸根公園