日南海岸散歩
-
日南海岸風景海と緑の風景
都井岬

都井岬
都井岬は宮崎県最南端の岬だ。根元がくびれた半島のような形で海に突き出し、まさに「地の果て」のような印象がある。その突端の高みから見る太平洋の景観は雄大そのものだ。都井岬は「御崎馬」の名で呼ばれる日本在来種の野生馬がいることで広く知られている。また蘇鉄自生地の北限としても知られる。目も眩むばかりの断崖に蘇鉄が茂り、その中に御崎神社が鎮座する風景も壮大なものだ。日南海岸観光の際に決して欠かすことのできない場所のひとつと言えるだろう。
断崖の蘇鉄御崎馬
-
日南市から海岸に沿った国道を南下し、やがて恋ヶ浦を過ぎて宮ノ浦の集落の傍らを過ぎると、道路は海岸から離れて山間の峠へと登ってゆく。国道448号線はそのまま峠を越えて都井の集落へと降りて北西へと延び、やがて串間市街へ至っているが、峠から県道36号線が南へ延びて都井岬へ向かっている。

国道から県道へと逸れて都井岬へ辿ると、すぐに「駒止の門」がある。文字通り、御崎馬を生息地に囲うことが目的のもので、「入園ゲート」ではない。「駒止の門」を通過する際には少々の料金を支払う必要があるが、これもあくまで御崎馬保護や都井岬整備のための「協力金」であって「入園料」ではないのだが、実際には「入園ゲート」と「入園料」のように感じられてしまうかもしれない。

「駒止の門」を過ぎると、丘の上に御崎馬の姿を見つけることができるかもしれない。「駒止の門」を過ぎればすでに御崎馬の生息地であるから、馬は丘の上から道路まで人間の都合など考えずに闊歩している。カーブを過ぎると突然目の前に馬がいた、などということもあるから、運転の際にはくれぐれも注意が必要だ。またカーブの多い道路はちょっとした脇見運転が命取りになる。御崎馬の姿を見つけてゆっくりと見学したい時には、安全な場所に車を停車させてからにしたい。
御崎馬
「駒止の門」を過ぎてしばらく走ると、やがて道路は旧都井岬観光ホテルの建物などの建つ賑やかな一角に着く。車を停めての一休みがお勧めだ。南に海を見下ろす広場は爽快な開放感がある。椰子や蘇鉄などの樹木が南国情緒を盛り上げる。東には岬突端付近の高みに建つ都井岬灯台の姿が小さく見える。西南の方角、海の向こうにうっすらと見えるシルエットは鹿児島県の大隅半島だ。運が良ければ、この広場で御崎馬と出会うこともできるだろう。

都井岬観光ホテルは長く都井岬の観光拠点の役割を担ってきたが、観光客の減少による経営悪化のため、2010年(平成22年)2月で経営会社が撤退、事実上閉館した。危機感を募らせた地元商工会議所は経営会社から施設の1階と2階部分を借り受け、「岬の駅」都井岬として同年4月末から営業を開始している。「岬の駅」都井岬は1階部分が土産物などを販売する売店で、2階は地穫れの魚などを使ったメニューを提供するレストランになっている。

旧ホテル前の広場のあたりから少し進んだところに「都井岬ビジターセンター うまの館」がある。入館料が必要だが、都井岬の自然や御崎馬の生態を詳しく紹介した館内展示は興味深く、ぜひ立ち寄っておきたい。江戸時代の御崎牧の様子を再現したジオラマなども楽しい。二階には360度の画面が客席を取り囲んだサークルビジョンシアターがある。主に御崎馬の生態を紹介する内容だが、場面によっては乗り物酔いしそうになるほどの迫力ある映像が楽しめる。
都井岬ビジターセンター
-
「御崎馬」は日本在来種の野生馬として国の天然記念物にも指定されており、全国的によく知られている。そもそもは江戸時代に高鍋藩秋月家が藩馬を育てるためにこの地に放牧したものだが、当初からほとんど人手が加えられず、馬たちは野生に近い状態で繁殖を繰り返した。廃藩後の明治期になって御崎馬組合に管理の手は移ったが、その粗放な飼い方は変わらず、野生に近い生態を維持してきた。それが「都井岬の野生馬」と知られる「御崎馬」であるという。
御崎馬御崎馬
-
旧ホテル前の広場からビジターセンター横のカーブを廻って降りてゆき、三叉路となった交差点から東に逸れてゆくと蘇鉄自生地として知られる海岸へと着く。道路が行き止まりになったところの駐車場に車を置き、そこから徒歩で蘇鉄の林の中の散策路を辿って降りてゆくと、やがて海を見下ろす崖の上に出る。眼下の磯辺に波が打ち寄せ、眼前には海原が広がる。左手には断崖がそびえ立ち、そこへ張り付くように茂る蘇鉄や、崖の中ほどに鎮座する御崎神社の姿はなかなか迫力のある景観だ。御崎神社は観光客の足が遠のいて以降、残念なことに荒廃してしまったが、近年になって復興しようという地元の動きが大きくなってきているようだ。
御崎神社付近

下方から御崎神社を見る
-
旧ホテル前の広場からビジターセンターの横を過ぎ、御崎神社へ逸れる三叉路を過ぎてさらに道路を辿ると、やがて灯台の建つ岬突端部分へと着く。駐車場が設けられて、道路はそこで終わる。駐車場は周囲に視界が開けて爽快だ。駐車場に車を置き、さらに岬突端部分を目指せば灯台へと至る。灯台へ向かう道脇には土産物を扱うお店が並んで、休憩所もあり、いかにも観光地的な雰囲気を漂わせている。訪れる観光客も多い。

灯台の敷地内へ入るには規定の観覧料金が必要だが、ぜひ入場して灯台を見学しておきたい。灯台は内部に入って見学することができる。また灯台横手には展望台も設けられており、壮観な眺めが楽しめる。展望台から周囲を見渡すと、そのほぼすべてを海原が取り巻いているように感じられる。ふりかえるように西に目を向けるとさきほど通り過ぎてきた旧ホテルの建物などが並ぶ一角は遠く小さく眼下に見える。その向こうに霞んで見えるシルエットは鹿児島県の大隅半島だ。ここからの景色はまさに「絶景」と言えるものではないかと思える。
灯台付近灯台付近

都井岬灯台
-
都井岬は、日南市方面から南下してきても、串間市街から辿っても、やはり少しばかり距離がある。宮崎観光に訪れた人の中には、その距離のために敬遠する人もあるのかもしれない。しかし、少々遠さを感じる道程だからこそ、岬突端の高みに立った時の、まさに「地の果て」に来たような感覚は感動すら感じるものではないかと思える。灯台付近からの壮観な景観、天然記念物に指定された蘇鉄自生地や御崎馬など、都井岬で見るものは多く、「日南海岸」の観光名所のひとつとしての名に恥じない。
都井岬
-
INFOMATION
都井岬
【所】串間市大字大納
【問】串間市観光協会
-
ここから北へ
宮ノ浦小崎恋ヶ浦
ここから西へ
旧吉松家住宅福島港福島川河川歴史公園
-
このWEBページは「日南海岸散歩」内「日南海岸風景」カテゴリーのコンテンツです。
ページ内の写真は2002年夏に撮影したものです。本文は2012年4月に改稿しました。
-