横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市中区山手町
−港の見える丘公園−
紅葉の港の見える丘公園
December 2008
紅葉の港の見える丘公園
港の見える丘公園は横浜を代表する観光地のひとつだ。バラの咲き誇る季節が最も観光に相応しい季節だと思うが、毎年12月に横浜山手の西洋館で開催される「世界のクリスマス」に合わせて訪れる人も少なくないだろう。すでに初冬と呼ぶべき時期だが、横浜ではようやくこの頃になって木々が紅葉に染まる。港の見える丘公園もまた、園内の木々が紅葉の時期を迎え、遅い秋の装いを身に纏う。

紅葉の港の見える丘公園
港の見える丘公園にはモミジやイチョウなどの紅葉の美しい樹木はあまり多くはない。スダジイなどの常緑樹の多い園内はこの時期になっても緑濃く、とても「紅葉の名所」と呼べるものではないし、「紅葉の穴場」と呼ぶにもやはり物足りないというのが正直なところだろう。しかしところどころに植えられたモミジが真っ赤に染まり、園内に秋の彩りを添えてくれる様子にはなかなか良い風情がある。モミジは「フランス山」下の広場の一角や「ローズガーデン」の周辺部などで見ることができる。バラの季節には初夏の陽光を浴びて輝くような「ローズガーデン」がしっとりとした秋の風情を漂わせる景観もまた良いものだ。「横浜市イギリス館」の階段の踊り場の窓から眺めると、緑の植え込みの上に紅いモミジが少し顔を覗かせる。その様子も素敵だ。モミジばかりではなく、「ローズガーデン」中央部に立つケヤキも日差しの向きによってははっとするほど美しい色彩を見せてくれる。「フランス山」の庭園部の脇で鮮やかな黄色に染まっているのはアカシデだろうか。

冬の訪れが近づく港の見える丘公園で、秋の名残の色彩を楽しみながらのんびりと散策するのもよいものだ。公園散策の跡は「世界のクリスマス」を楽しみに行くのもいい。山手の丘を下りてクリスマスの飾り付けで賑わう街の雰囲気を楽しみに行くのもお勧めだ。
紅葉の港の見える丘公園

紅葉の港の見える丘公園