横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市中区山手町
−港の見える丘公園−
ローズガーデン
May 2003
ローズガーデン
港の見える丘公園はバラの名所としてよく知られている。1989年(平成元年)9月23日にバラが横浜市の花として制定され、その制定記念として1991年(平成3年)5月にバラ園がオープン、以来約70種、1500株ものバラが咲き誇って公園を彩ってきた。そもそも西洋バラの多くは横浜開港期に横浜から日本に上陸したものらしく、このバラ園開園時にも初めて日本に紹介された品種があったのだという。

ローズガーデン
その既設のバラ園を併合して公園を拡張し、1999年(平成11年)3月31日に「ローズガーデン」がオープンしている。この場所はかつてイギリス軍の兵舎があったところであるらしい。2ヘクタール近くの面積のローズガーデンは地形の起伏を巧みに利用して造られ、庭園中央にはソメイヨシノがシンボル樹として保存されている。カスケードと呼ばれる階段状の水路やガゼボと呼ばれる西洋風四阿などが配置された庭園の風景は日本であることを忘れるような風情を持っており、ゆったりとした散策のひとときを楽しむことができる。
ローズガーデン

バラの花は5月と10月、年二回楽しめるようだが、やはり新緑の中に鮮やかに咲く5月下旬あたりが見頃と言えるだろう。美しい造形の庭園の中に咲き誇るさまざまな品種のバラは約1800本を数え、鮮やかな色彩で園内を埋め尽くし、訪れる人々の目を存分に楽しませてくれる。ローズガーデンの一角にはイギリス館山手111番館なども建っている。それらも併せて見学するとよりいっそう楽しい。
ローズガーデン

ローズガーデン