横浜線沿線散歩公園探訪
横浜市中区山手町
−港の見える丘公園−
桜咲く港の見える丘公園
April 2005
桜咲く港の見える丘公園
港の見える丘公園は横浜を代表する観光地のひとつだが、春の桜の名所として語られることはあまりない気がする。四季を通じて多くの観光客を集める公園だから桜の時期にも人出は多いが、「お花見」を目的に港の見える丘公園を訪れる人はそれほど多くはないかもしれない。確かに、港の見える丘公園に桜は少ない。そうした意味では「桜の名所」とは言えないかもしれない。しかし、「桜の咲く景色」の美しさという点で言えば、春の港の見える丘公園は他の「桜の名所」にも決して引けを取らないのではないか。
ローズガーデンの桜
港の見える丘公園の桜は、ローズガーデンの中央辺りにシンボル樹として保存されたソメイヨシノが、何しろ素晴らしい。桜そのものの、大きく枝を張って咲き誇る姿ももちろん美しいものだが、端正に造られた庭園の中に立つことによってその美しさがいっそう引き立っている気がする。日本的なソメイヨシノと西洋風に造られたローズガーデンとでは少々ミスマッチのようにも思えるが、これがなかなかいい。西洋風四阿とソメイヨシノとの組み合わせもなかなか見応えのある景観だ。地形の起伏を利用して造られたローズガーデンの、緩やかな斜面の中ほどに立っているから、場所によって見下ろしたり、見上げたりすることになるが、それぞれに美しい表情を見せて飽きない。

桜と霧笛橋
シンボル樹のソメイヨシノの横を抜けて降りてゆくと霧笛橋の下へ出るが、この一角にも桜が咲き誇っている。ちょうど霧笛橋の袂で、下から見上げれば桜の背景に霧笛橋があり、その組み合わせが良い風情を醸し出している。なかなか「絵になる」風景で、思い思いの場所に腰を据えてスケッチを楽しむ人たちの姿が少なくない。霧笛橋を歩けば傍らの桜を眼前間近に見下ろすことになり、これも素晴らしい景観だ。橋の下から見上げたり、橋の上から見下ろしたり、ゆっくりとこの景観を楽しみたい。

他にもイギリス館の横手にはオオシマザクラらしい桜があり、大きく枝を張ってワシン坂側からもよく見える。また桜が咲き誇るこの季節、園内の花壇はさまざまな花々で彩られている。桜とともに花壇の花々や木々の新緑などを楽しみつつ、のんびりと園内を巡るのがお薦めだ。
桜と霧笛橋桜と霧笛橋
谷戸坂の桜並木
公園内ではないが、港の見える丘公園前の交差点から元町一丁目へと降りる谷戸坂も桜並木で、老木らしい桜が歩道に並ぶ。延々と続く並木というわけではないが、優美な曲線を描く坂道の風情と相俟って、この桜並木も素晴らしい景観を見せる。坂の上から見下ろす景色も美しく、坂の下から見上げるのもいい。桜の季節に港の見える丘公園を訪れるのであれば、やはり谷戸坂の桜並木も楽しんでおきたい。

港の見える丘公園から西へ山手本通りを辿れば、桜の名所として知られる元町公園が近い。園内の桜はもちろん、外国人墓地の向こうに見下ろす景観もとても美しい。これらを楽しみながら、春の山手本通りへと散策の足を延ばすといい。
桜咲く港の見える丘公園