横浜線沿線散歩横浜線沿線散歩街角散歩
横浜市中区山手町
六月の横浜山手
June 2018
六月の横浜山手
横浜山手と言えば、異国情緒溢れる観光名所だ。桜の時期やバラの咲く季節、クリスマスシーズンなどには特に素敵な散策のひとときを過ごせる。今回は六月、紫陽花の咲く季節に横浜山手を歩いてみたい。山手イタリア山庭園から港の見える丘公園まで紫陽花の咲く風景を探しながらのんびりと歩いてみよう。
まずは山手イタリア山庭園だ。ブラフ18番館前の庭の一角に紫陽花が植えられている。それほど数は多くないが、紫陽花を手前に、その向こうにブラフ18番館が見える風景などはなかなか風趣に富んでいる。6月の初めの梅雨の晴れ間、初夏の陽光に照らされてブラフ18番館の建物もひときわ美しく見える。
山手イタリア山庭園の紫陽花
山手公園でも紫陽花を見つけることができた。ここも数は少なく、園路脇に少しだけ咲いている。木陰の紫陽花とその向こうの木漏れ日との対比が美しい。
山手公園の紫陽花
汐汲坂の途中、道脇の植え込みから坂道に溢れ出すように紫陽花が咲いている。陽光を浴びた紫陽花の姿も悪くない。
汐汲坂の紫陽花
元町公園と外国人墓地との間を辿る貝殻坂、元町公園側に沿って紫陽花が植え込まれている。それほど数は多くないが、坂道に沿って並ぶ紫陽花の姿が美しい。
貝殻坂の紫陽花
元町公園の中でも紫陽花を見つけることができた。山手本通りに面した樹林地の一角にガクアジサイを植え込んだところがある。園路に沿ってガクアジサイが並んでいる。派手さはないものの、しっとりと味わい深い景観を見せてくれる。
元町公園の紫陽花
港の見える丘公園には数多くの紫陽花を見ることができる。ローズガーデン周辺の園路脇を中心に、フランス山内にも紫陽花を見つけることができる。品種もバラエティに富んでおり、紫陽花を目当てに訪れても充分に満足できる。紫陽花越しに横浜ベイブリッジを見る光景や、横浜市イギリス館前に咲くアナベルなどは港の見える丘公園ならではの風景で、興趣に富んでいる。紫陽花の咲く風景を愛でながら、のんびりと園内散策を楽しみたい。
港の見える丘公園の紫陽花
港の見える丘公園の紫陽花
港の見える丘公園の紫陽花
六月の横浜山手は夏に向かう季節の日差しを浴びながらも、しっとりとした風情を漂わせ、ところどころで鮮やかに咲く紫陽花が山手の風景に彩りを添え、他の季節とはまた違った魅力が感じられるように思える。今回、紫陽花の咲く風景をいくつか見つけることができたが、もっと丹念に巡れば他にも紫陽花を見つけることができるのかもしれない。それはまた次の機会にしたい。
六月の横浜山手