横浜線沿線散歩公園探訪公園探訪
横浜市中区山手町
−山手イタリア山庭園−
桜咲く山手イタリア山庭園
March 2019
桜咲く山手イタリア山庭園
山手イタリア山庭園には桜の木はほとんどないが、ブラフ18番館の横手に一本の桜が印象的に立っていて、西洋館と桜との取り合わせがなかなか風趣に富んだ景観を見せる。外交官の家前の庭園の花壇では春の花々が美しく咲いている。春らしい景観を楽しむことのできる山手イタリア山庭園である。
桜咲く山手イタリア山庭園
ブラフ18番館の北東側、建物に寄りそうように一本の桜が立っている。日差しを浴びて咲き誇る姿がたいへんに美しい。真っ白な花弁はソメイヨシノではないように見える。と言ってオオシマザクラでもないようだ。何の品種の桜なのか、よくわからない。それほどの大木というわけではないが、相応に老木のようだ。

ブラフ18番館の建物東側から見ると、桜はまさに建物に寄り添い、その向こうに横浜の町並みが見えている。建物の北西側に回り込み、東に向かって建物と桜とを見る景観もいい。これも背景には山手の風景が広がり、素敵な景観を織り成している。東側の段差部分に登って、見下ろすように眺めるのもお勧めだ。西洋館と一本の桜との取り合わせは、見る角度によってさまざまな表情を見せ、それぞれに美しい春景色が広がる。この桜以外には、山手イタリア山庭園には観賞に値する桜はないが、この一本だけでも訪れる甲斐があると思える。美しい桜だ。
桜咲く山手イタリア山庭園
ブラフ18番館横の桜が見頃を迎える頃から、外交官の家前の庭園の花壇を春の花々が彩る。幾何学的デザインの庭園はそれだけでも充分に美しいものだが、その中の花壇に色とりどりの花々が咲き揃えば春らしい色彩が溢れて素晴らしい景観を見せる。

今回訪れたとき(2018年)、花壇ではルピナスが咲いていたい。ルピナスの花期は本来はもう少し後のはずだが、栽培上の工夫があるのかもしれない。特徴的な形のルピナスの花が景観のアクセントにもなっていて、外交官の家の建物との取り合わせも素晴らしいものだ。外交官の家側から眺めれば、花々に彩られた花壇の向こうに横浜の町並みを見下ろす。その景観も素敵だ。
山手イタリア山庭園は“花見”の場所としては物足りないが、ブラフ18番館と桜とが織り成す景観や外交官の家と庭園との美しさなど、この季節ならではの興趣が素晴らしい。山手地区を巡っての花見散歩の際、そのプロローグ的な意味でまず山手イタリア山庭園に立ち寄って、それから桜巡りの散策に出かけるというのがお勧めだ。
桜咲く山手イタリア山庭園

桜咲く山手イタリア山庭園