岩手県内の花の名所や景勝地、風情ある町並みなど、素敵な風景を訪ねて散策記を記しています。散策気分でご覧頂いたり、お出かけの参考に、自由にお楽しみ下さい。「佳景探訪−岩手散歩」は「佳景探訪」の地域別インデックスのひとつです。初めての方は「Copyright」ページをご一読頂くとよいでしょう。
岩手県盛岡市に「一ノ倉邸」という施設がある。盛岡市出身の政治家、阿部浩が明治後期に造ったという庭園と建物が残されている。庭園は盛岡市の保護庭園である。秋の気配が漂う九月の初め、一ノ倉邸を訪ねた。
岩手県盛岡市鉈屋町には昔ながらの町家の風景が残る。町歩きの楽しいところだ。一角には「もりおか町家物語館」が設けられて観光客を迎えている。夏の暑さの残る九月上旬、盛岡市鉈屋町を訪ねた。
岩手県宮古市の浄土ヶ浜は三陸を代表する景勝地のひとつだ。その景観が“極楽浄土のようだ”というのでその名があるともいう。国の名勝である。夏の暑さが残る九月上旬、浄土ヶ浜を訪ねた。
岩手県遠野市は「遠野物語」で知られる土地柄だ。その象徴的存在が「カッパ淵」である。寺の横を流れる小川にカッパが棲むという。夏の暑さが残る九月の上旬、「カッパ淵」を訪ねた。
岩手県遠野市の「伝承園」は遠野地方のかつての生活様式を再現、後世に残すための施設だ。国指定重要文化財の旧菊池家住宅やオシラサマを展示した御蚕神堂などがある。九月の上旬、伝承園を訪ねた。