佳景探訪
紅葉の武蔵野公園
東京都府中市の都立武蔵野公園は野川の河岸にモミジが植えられており、秋の紅葉シーズンには美しい景観を見せてくれる。園内の苗圃ではトウカエデなどの紅葉が美しい。多摩地域が紅葉の時期を迎えた十一月下旬、武蔵野公園を訪ねた。



紅葉の武蔵野公園

紅葉の武蔵野公園

紅葉の武蔵野公園

紅葉の武蔵野公園
武蔵野公園の中央部を占める苗圃の北側、野川河岸に沿ってモミジが並んでいる。モミジの木は河岸の散策路を覆うように枝を広げており、紅葉の季節には頭上間近に真っ赤に染まったモミジが迫る。秋の日を浴びたモミジは下から見上げれば逆光に映えて輝くような美しさだ。周辺には野川河畔の長閑で穏やかな風景が広がっており、のんびりとした秋の散策が楽しめる。

野川河岸を離れて苗圃の中に入れば、さまざまな樹木の紅葉が楽しめる。中でもイチョウやトウカエデが美しい。苗圃を区切って真っ直ぐに伸びる通路脇に立つトウカエデやイチョウの姿はなかなかフォトジェニックな美しさで、都内の公園であることを忘れてしまいそうだ。

バーベキュー場横にもイチョウの木があり、高く育ったイチョウを見上げれば、背景には秋の青空が広がり、その色彩のコントラストがとても美しい。訪れたときにはすでに落葉が進み、足下は黄金色の絨毯と化していた。地面を覆うイチョウの葉が日の光を浴びる様子も美しいものだ。

秋の武蔵野公園は「紅葉の名所」と呼ぶには少しばかり物足りないが、野川河岸のモミジはなかなか見事で、苗圃の中のさまざまな落葉樹が見せる秋の色彩も充分に楽しめるものだ。そうした樹木の見せる秋の表情を楽しみながらのんびりと園内を一巡りしたら、うまく場所を選んでシートを広げ、真っ赤に染まったモミジの向こうに野川を眺めながらのランチタイムがお薦めだ。
参考情報
本欄の内容は武蔵野公園関連ページ共通です
メインエントランス前の噴水池は、夏は子どもたちのための水遊びが可能だ。詳細は西武・武蔵野パートナーズによる公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

交通

電車で来訪する場合はJR中央線武蔵小金井駅から調布行きバス、あるいは京王線調布駅北口から武蔵小金井行きバスを利用し、「武蔵野公園」バス停で下車するとよい。

車で来訪する場合は公園南側の「東八道路」沿い、府中運転免許試験場の東側に駐車場入口がある。駐車場は有料で、約120台分のスペースがあるということだが、休日には満車になることが多いようだ。

飲食

園内には売店やレストランなどは無く、公園の周辺にも飲食店などは無い。のんびりと訪れるときにはお弁当持参がいい。東側に隣接する野川公園には軽食を販売する売店があるので、少し距離があるが、それを利用するのもいい。

武蔵野公園のバーベキュー場は予約制ではなく、当日申込みで利用できる。利用時間や問合先などは西武・武蔵野パートナーズによる公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

周辺

武蔵野公園の東側には都立野川公園が隣接し、野川河岸の散策路を下流側に辿って行けば道路をひとつ横切るだけで野川公園に入って行ける。野川公園は広々とした芝生広場が魅力の規模の大きな公園だ。春は野川公園の随所で見事な桜が咲く。併せて散策を楽しむのがお薦めだ。少し足を延ばして野川河岸や「ハケの道」の散策へ出かけるのもいい。あるいは武蔵野公園と野川公園を含めての野川河岸や「ハケの道」散策としてコースを考えるのもいい。
紅葉の武蔵野公園

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ


紅葉散歩
東京多摩散歩