佳景探訪
桜咲く武蔵野公園
東京都府中市の都立武蔵野公園は園内に苗圃があり、さまざまな樹木が育成されている。桜も数多くの品種があり、春の花期にはそれぞれに美しい姿を見せてくれる。お花見のシーズンを迎えた四月上旬、武蔵野公園を訪ねた。



桜咲く武蔵野公園/苗圃内

桜咲く武蔵野公園/メインエントランス前

桜咲く武蔵野公園/苗圃内

桜咲く武蔵野公園/苗圃内

桜咲く武蔵野公園/野川右岸

桜咲く武蔵野公園/野川左岸

桜咲く武蔵野公園/野川上流部
東八道路に面したメインエントランスから公園内に入ると、いきなり満開の桜が出迎えてくれる。サービスセンター前、噴水池を取り囲むように桜が咲き誇っている。ヤマザクラが多いようだ。少し小振りな樹形で真っ白な花を咲かせる桜はシラユキという品種だ。ヤマザクラは開花と同時に葉も出るから遠目に見ると少し赤みがかって見えるが、シラユキはその名のようにまさに純白、春の日差しを浴びて輝く様子は見事な美しさだ。お花見に訪れたらしい人の姿も多く、桜の下を散策したり、ベンチでくつろいだりとそれぞれに春の風景を楽しんでいる。

苗圃を巡る散策路を辿ってみよう。苗圃にはさまざまな樹木が育成されおり、その中に混じって桜が花を咲かせている。武蔵野公園の苗圃で見られる桜は品種が多いことが特徴だろう。それぞれに品種名を記したプレートが取り付けられているから、品種名を確かめながら見てゆくのが楽しい。ヤマザクラ、オオシマザクラ、ウスズミ、ウスゲヤマザクラ、ミナカミ、シロタエ、シラユキ、スミゾメ、イチヨウなど、樹木に詳しくない身では初めて目にする品種もあって興味が尽きない。品種によって早咲きのものもあれば遅咲きのものもある。四月の中旬になると遅咲きのサトザクラが花期を迎え、これも見事な景観となるらしい。その頃の様子も見てみたいものだ。苗圃内では桜の下にシートを広げ、お花見を楽しみならがのランチタイムを過ごす人の姿もある。大勢のグループで花見の宴会を催す人たちもいないから、静かで穏やかなひとときを過ごすことができる。

野川の河岸も歩いてみよう。箭真舳橋の上流川には見事なベニシダレが咲いている。二本のベニシダレに挟まれるように咲く白い桜はソメイヨシノだろうか。河岸の散策路を覆うように枝を垂れるベニシダレは、その下を歩くのも楽しいが、景観としては箭真舳橋から眺めるのが良いかもしれない。

野川左岸、「野川第一調節池」の北側にも見事な桜が並ぶ。これはソメイヨシノだろう。野川河岸の散策路から眺めると順光になり、春の日差しを浴びた桜は、木々の新緑と空の青さを背景に輝くような美しさを見せてくれる。

野川河岸を上流側へと辿ると公園西端部分に小金井新橋が架かっている。この小金井新橋からさらに上流側へも野川河岸の散策路が続くのだが、そこは見事なベニシダレの並木になっている。また小金井新橋近くの野川左岸側にも美しい風景が広がっている。すでに武蔵野公園の外だが、散策の足を延ばしてみるといい。野川の河岸はお花見を兼ねた散策の人の姿も多く、春爛漫の風景を楽しめる。
追記 2011年10月、本頁をご覧になった小金井在住の方からメールで情報をお寄せいただいた。それによれば、ベニシダレの並木は小金井新橋から上流側の天神橋まで約500m続いているそうだ。情報をお寄せいただいた氏にこの場を借りて御礼を申し上げたい。

武蔵野公園は東京都のお花見スポットのひとつとして数えられることも少なくない。辺り一面を覆い尽くすような桜の景色が楽しめるというわけではないが、さまざまな品種の桜が楽しめるのは特筆に値するのではないだろうか。三月中旬から四月下旬まで、それぞれに花期を迎える桜が楽しめるということだが、やはりソメイヨシノやヤマザクラ、オオシマザクラなどが花期を迎える三月下旬から四月上旬、そして遅咲きのサトザクラが花期を迎える四月中旬が一番の見頃かもしれない。
参考情報
本欄の内容は武蔵野公園関連ページ共通です
メインエントランス前の噴水池は、夏は子どもたちのための水遊びが可能だ。詳細は西武・武蔵野パートナーズによる公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

交通

電車で来訪する場合はJR中央線武蔵小金井駅から調布行きバス、あるいは京王線調布駅北口から武蔵小金井行きバスを利用し、「武蔵野公園」バス停で下車するとよい。

車で来訪する場合は公園南側の「東八道路」沿い、府中運転免許試験場の東側に駐車場入口がある。駐車場は有料で、約120台分のスペースがあるということだが、休日には満車になることが多いようだ。

飲食

園内には売店やレストランなどは無く、公園の周辺にも飲食店などは無い。のんびりと訪れるときにはお弁当持参がいい。東側に隣接する野川公園には軽食を販売する売店があるので、少し距離があるが、それを利用するのもいい。

武蔵野公園のバーベキュー場は予約制ではなく、当日申込みで利用できる。利用時間や問合先などは西武・武蔵野パートナーズによる公式サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

周辺

武蔵野公園の東側には都立野川公園が隣接し、野川河岸の散策路を下流側に辿って行けば道路をひとつ横切るだけで野川公園に入って行ける。野川公園は広々とした芝生広場が魅力の規模の大きな公園だ。春は野川公園の随所で見事な桜が咲く。併せて散策を楽しむのがお薦めだ。少し足を延ばして野川河岸や「ハケの道」の散策へ出かけるのもいい。あるいは武蔵野公園と野川公園を含めての野川河岸や「ハケの道」散策としてコースを考えるのもいい。
野川左岸の風景

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ


桜散歩
東京多摩散歩