日南海岸散歩
-
日南海岸風景海と緑の風景
青島港

青島港
青島入口から県道377号線を数百メートル南へ辿り、案内標識に従って海側に逸れて入り込んでゆくと青島漁港がある。防波堤に囲まれた港湾内には波もなく、繋がれた漁船がゆったりと夏の日射しを浴びている。青島漁港には宮崎市漁業協同組合の本所が置かれている。宮崎市漁業協同組合は2002年(平成14年)7月に青島漁協と内海漁協が合併して誕生した。宮崎県の漁業は一般的にカツオやマグロの水揚げが多いが、イセエビの漁獲量も少なくなく、この宮崎市漁協はイセエビの水揚げで宮崎県内一なのだという。4月から8月の産卵期は禁漁と定められているそうで、解禁となる9月は伊勢海老漁で賑わい、地元のニュースで取り上げられたりもする。
青島港青島港

漁港内には直売センターが設けられており、水揚げされた新鮮な魚介類を取り扱っている。青島漁港で水揚げされた魚介類は「青島どれ」のブランド名で知名度を増し、販売量も増えているという。2005年(平成17年)には「港あおしま」という名のレストランが漁港内にオープン、「青島どれ」の魚介類を使った各種メニューが好評らしい。さまざまなメニューが用意されているが、基本的にその日に水揚げされた魚介を使用するために内容は日によって変化し、場合によっては提供できないメニューが生じることもあるようだ。イセエビの味噌汁と刺身などがセットになった「港あおしま定食」などがお薦めだろうか。
青島港
青島漁港の周辺には民家が密集して建ち並び、昔ながらの港町の佇まいを残している。青島漁港の南側は折生迫の山側からいくつかの川が集まって注ぎ込む河口部で、広い河口も港の一部であるらしく、岸壁となった河岸には漁船が繋がれている。夏の午後の漁港はひっそりと静かだ。暑さを避けてか、あまり人の姿もなく、夏の強い日射しの下に時が止まったような風景が横たわっている。「港あおしま」で食事をした後は、のんびりと周囲の町並みを散策してみるのもよいかもしれない。
青島港青島港

青島港
-
INFOMATION
青島港
【所】宮崎市青島
【問】宮崎市観光協会
【参】宮崎市漁業協同組合
-
この近辺
青島青島神社青島海水浴場宮交ボタニックガーデン青島
こどものくに白浜海水浴場[青島駅][折生迫駅][片山踏切]
-
ここから南へ
堀切峠「道の駅」フェニックス
-
このWEBページは「日南海岸散歩」内「日南海岸風景」カテゴリーのコンテンツです。
ページ内の写真は2006年夏、2007年夏に撮影したものです。本文は2008年10月に改稿しました。
-