佳景探訪
梅香る浜離宮恩賜庭園
東京都中央区の浜離宮恩賜庭園は国の特別名勝にして特別史跡、かつては徳川将軍家に愛された庭園だ。早春には梅の花が庭園を彩る。梅の花が見頃の三月初め、浜離宮恩賜庭園を訪ねた。



梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園
東京都中央区の浜離宮恩賜庭園は江戸時代には徳川将軍家の浜御殿があったところだ。明治期には宮内庁管轄となって浜離宮が置かれた。今も徳川将軍家の御殿があった当時を偲ばせる見事な庭園が残る。国の特別名勝にして特別史跡、日本を代表する庭園のひとつであり、国内外から多くの観光客が訪れる。

その浜離宮恩賜庭園の一角で、早春には梅の花を楽しむことができる。梅は庭園内北西側、水上バス発着場近くに設けられた梅林と、庭園中央部辺りに設けられた花木園に植えられており、それぞれ風趣に富んだ景観を見せてくれる。庭園のメインとも言える南側の「潮入の池」周辺には梅は植えられていないが、早春ならではの風景が雅趣に富んで味わい深い。そろそろ冬の寒さも緩み始める季節、浜離宮恩賜庭園を訪ねて梅の香りを楽しむのもお勧めだ。
梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園
浜離宮恩賜庭園の北側に設けられた大手門橋の入口は庭園のメインエントランスと言っていい。庭園に入って左手に歩を進めると「お花畑」が設けられ、その向こうに梅林がある。「お花畑」を横を抜けて梅林に通じる園路脇にも梅が並ぶ。

梅が見頃となる季節、「お花畑」では菜の花が咲き誇っている。この菜の花と梅との競演が、早春の浜離宮恩賜庭園のいちばんの見所と言っていい。一面に咲き誇る菜の花越しに梅を見る景色もいいし、梅の花越しに眺める菜の花畑も素晴らしい。「お花畑」の東側に立てば、菜の花の向こうには汐留の高層ビル群が聳え、いかにも都心というべき景観を見せて独特の興趣を漂わせる。写真趣味の人でなくても、いろいろと構図を考えて写真を撮るのは楽しいひとときだ。

東に奥まった辺りの梅林では緑の木々に包まれて落ち着いた風情の中で観梅を楽しむことができる。さまざまな品種の梅が植えられており、それらを丹念に見てゆけば飽きることがない。一本の梅から紅白の花を咲かせる「思いのまま」という品種の梅もある。探してみるといい。この辺りでは菜の花との競演は望めないが、ここでも東側から眺めれば梅林の向こうに汐留のビル群が見える。ビル群をうまく背景に据えて写真を撮るのがお勧めだ。
梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園
庭園のほぼ中央部に位置する花木園でも、数は少ないながら梅の花を楽しむことができる。「お花畑」横の梅林とはまた違った風情があり、早春の浜離宮恩賜庭園でぜひ立ち寄っておきたいところだと言っていい。

ここも場所によっては梅の背景に汐留のビル群が聳え、現代的なビルと梅の花との取り合わせが不思議な調和を見せる。植えられた梅の中には見事な枝振りのものもあって見応えも充分だ。
梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園
庭園の南側、「潮入の池」周辺は“大名庭園”としての浜離宮恩賜庭園のメインと言えるエリアだ。冬枯れの中にも常緑樹の緑は鮮やかで、美しい景観を見せている。

「潮入の池」の北側の岸辺、復元された「鷹の御茶屋」の周辺では松の木に“雪吊り”が施されている。都心部では“雪吊り”が必要なほどの降雪は少ないだろうから、これらの“雪吊り”は主として修景目的なのだろう。日本庭園の冬を象徴する風景として楽しんでおきたい。
参考情報
本欄の内容は浜離宮恩賜庭園関連ページ共通です
浜離宮恩賜庭園は入園料が必要だ。ペット連れの入園はできない。その他、開園日、開園時間、注意事項については東京都公園協会サイト(「関連する他のウェブサイト」欄のリンク先)を参照されたい。

交通

浜離宮恩賜庭園はJR新橋駅や東京メトロ銀座線新橋駅、都営地下鉄浅草線新橋駅、ゆりかもめ新橋駅、都営地下鉄大江戸線の汐留駅や築地市場駅などが近い。どの駅からも距離は1km足らず、徒歩で10分ほどで行ける。JR浜松町からは「中の御門橋」の入口へ1kmほど、東京モノレールを利用して来園するなら浜松町でJRに乗り換えるより歩いた方が早い。

浜離宮恩賜庭園には水上バスの発着所もあるから、水上バスで来園するのも楽しい。

車で訪れるなら国道15号線を辿って新橋駅を目指せばいい。浜離宮恩賜庭園には一般来園者用の駐車場は用意されておらず、周辺の民間駐車場を利用しなくてはならない。新橋駅付近から汐留駅付近にかけて民間の駐車場が多数点在しており、規模の大きなものも少なくない。そうした駐車場に車を置き、徒歩で浜離宮恩賜庭園に向かえばいい。

首都高速道路を利用する場合は、東京高速道路(KK線)の新橋出入口や都心環状線の汐留出入口が至近だが、新橋出入口で降りることができるのは西銀座JCT方面から汐留JCT方面へ向かう方向のみ、汐留出入口では都心環状線内回り(浜崎橋JCT方面からの北行き方向)のみとなるので注意が必要だ。都心環状線外回りを利用して訪れる場合は銀座出入口で降りるといい。

飲食

庭園内の「中島の御茶屋」で菓子と抹茶のセットを楽しむことができるが、食事の可能なレストランなどはない。食事は新橋駅方面へ移動して店を探そう。

お弁当の持ち込みも可能とのことなので、お弁当持参での来園もお勧めだ。「内堀広場」や「野外卓広場」ならシートを敷くことも可能のようだ。

周辺

新橋駅の東側には旧新橋停車場鉄道歴史展示室がある。鉄道に興味のある人、日本の近代史に興味のある人なら訪ねておきたい。

「大手門口」から新大橋通りを東へ辿れば1km足らずで築地場外市場、さらに銀座や月島へも充分に歩ける距離だ。さらに少し足を延ばせば日比谷公園、皇居へも遠くはない。

「中の御門口」から南へ1kmほど(「大手門口」からも1.5km足らず)で旧芝離宮恩賜庭園だ。併せて訪ねて庭園巡りを楽しむのもお勧めだ。旧芝離宮恩賜庭園から西へ1kmほどで芝公園、足を延ばしてみるのもいい。
梅香る浜離宮恩賜庭園

梅香る浜離宮恩賜庭園

関連する他のウェブサイト

関連する他のコンテンツ


梅散歩
東京23区散歩