梅の咲く寺社や公園の梅林など、梅香る早春の風景を訪ねて散策記を記しています。散策気分でご覧頂いたり、お出かけの参考に、自由にお楽しみ下さい。「佳景探訪−梅散歩」は「佳景探訪」のテーマ別インデックスのひとつです。初めての方は「Copyright」ページをご一読頂くとよいでしょう。
埼玉県越生町の中央部、越辺川の辺に「越生梅林」がある。「関東三大梅林」のひとつとして名を知られ、早春には大勢の観梅客で賑わう。梅が見頃を迎えた三月下旬、越生梅林を訪ねた。
東京都墨田区の向島百花園は「文化文政期」に江戸の商人によって造られた庭園だ。四季折々の花々が楽しめる庭園として人気だが、元々は梅園として始まっている。梅が見頃の二月下旬、向島百花園を訪ねた。
東京都墨田区、東武亀戸線小村井駅のやや南方に香取神社が建っている。境内には小さいながらも梅園が設けられ、地元の梅の名所として知られている。梅の咲き始めた二月下旬、小村井の香取神社を訪ねた。
東京都江東区の亀戸天神社は初夏の藤や早春の梅の名所として知られ、花の天神様と謳われている。梅の花が咲き始めた二月下旬、亀戸天神社を訪ねた。
東京都中央区の浜離宮恩賜庭園は国の特別名勝にして特別史跡、かつては徳川将軍家に愛された庭園だ。早春には梅の花が庭園を彩る。梅の花が見頃の三月初め、浜離宮恩賜庭園を訪ねた。
東京都北区西ヶ原の旧古河庭園は洋風庭園と日本庭園とを併せ持つ庭園だ。早春には日本庭園で梅が咲き、松に施された雪吊りも良い風情だ。梅の咲く二月下旬、旧古河庭園を訪ねた。
東京都文京区湯島の湯島天神は千五百年以上の歴史を持つ古社だ。天神の名が示すように菅原道真公を祀り、学問の御利益で人々の信仰を集める。梅の名所としても知られ、早春には大勢の観梅客で賑わう。......
東京都文京区後楽一丁目の小石川後楽園は水戸徳川家の庭園で、国の特別名勝、特別史跡に指定された名園だ。四季折々に美しい表情を見せるが、早春は梅の名所としても名高い。梅の咲く三月上旬......
東京都文京区春日一丁目の北野神社は「牛天神」と呼ばれる。撫でると願いが叶うという「ねがい牛」発祥の地だそうだ。梅の名所としても知られる「牛天神」を、梅の咲く早春の日に参拝した。
東京都港区の旧芝離宮恩賜庭園は江戸時代に造られた大名庭園を都立公園としたものだ。四季を問わず楽しめるが、早春には梅林の梅が鮮やかに咲き誇る。梅の花が盛りの三月初め、旧芝離宮恩賜庭園を訪ねた。
東京都大田区の池上梅園は都内の梅の名所のひとつに数えられている。戦前には日本画家伊藤深水の自宅兼アトリエだったところだという。梅が満開となった二月中旬、池上梅園を訪ねた。
東京都世田谷区の北東部に羽根木公園という区立の公園がある。野球場なども備え、区民の憩いの場として親しまれる公園だが、早春の梅の名所としても名高い。梅が見頃となった三月半ば、羽根木公園を訪ねた。
東京都調布市の神代植物公園は、その名のようにさまざまな植物を観察することのできる公園だ。園内には梅林も設けられ、梅の名所として広く知られている。梅が見頃を迎えた三月初め、神代植物公園を訪ねた。
東京都調布市の野川公園は緑に溢れた広大な公園だ。開放感溢れる広場の一角には梅林が設けられており、早春には美しい景観を見せる。梅がほころび始めた二月半ば、野川公園を訪ねた。
東京都立の小金井公園は小金井市など四市に跨がって広がる広大な公園だ。桜の名所として名高いが、園内には梅林も設けられ、早春には観梅客で賑わう。梅の花が盛りの二月半ば、小金井公園を訪ねた。
東京都府中市の都立府中の森公園は広場や樹林地、さらに各種運動場も設置した充実した公園だ。園内には日本庭園も設けられ、その一角には梅林がある。ようやく梅が見頃を迎えた三月初め、府中の森公園を訪ねた。
東京都立川市と昭島市に位置する国営昭和記念公園は、早春には梅や水仙、福寿草、スノウドロップなど、さまざまな花々が春の訪れを彩る。梅の花が見頃を迎えた三月上旬、昭和記念公園を訪ねた。
(本頁の内容は現在の吉野梅郷の状況とは異なります)
神奈川県横須賀市に「田浦梅の里」という梅の名所がある。二千本の越える梅が咲く梅林は見応え充分。海を見下ろす眺望も素晴らしい。梅が見頃の二月の下旬、「田浦梅の里」を訪ねた。
神奈川県藤沢市の新林公園は里山の風景を残した緑豊かな公園だ。園内には梅林があり、早春には美しい景観を見せてくれる。梅が見頃となった三月上旬、新林公園を訪ねた。
神奈川県藤沢市の大庭城址公園は中世の山城跡を整備したもので、桜や藤、バラなど、季節の花々が美しい公園だ。早春には梅の花も楽しむことができる。梅が見頃の三月初旬、大庭城址公園を訪ねた。