日南海岸散歩
-
日南線の旅
JR日南線は宮崎市の南宮崎駅から鹿児島県志布志市の志布志駅までを繋ぐ単線の鉄道だ。もちろん電化されておらず、一両、あるいは二両編成のディーゼル車がのんびりと走っている。今ではほとんどの駅は無人駅になってしまった。朝夕は通学の高校生で込み合い、地元の人にとっては貴重な交通機関だが、いつ廃止になってもおかしくはない。便数も少なく、日南海岸観光には決して便利とは言えない日南線だが、海岸から山間へとガタゴトと走る日南線の旅はそれなりに楽しい。時には車窓からの景色を眺めながらローカル線の風情を楽しむのもよいものだろう。
-

宮崎空港線駅
宮崎空港
日南線の旅
日南線の走る風景

JR日南線の沿線には美しい風景が数多い。そうした風景の中を走る日南線の姿を写真に残しておきたい。鉄道写真としては稚拙なものだが、何かの参考にご覧いただければ幸いである。

酒谷川橋梁
山王川橋梁
細田川橋梁
古大内川橋梁
踏切の風景

何故か、踏切というものに心惹かれる。列車の姿のない、静かな踏切に漂う風情がいい。JR日南線の踏切の風景を写真に残しておきたい。これも、何かの参考にご覧いただければ幸いである。

片山踏切

松永踏切
竹香園口踏切
藤棚踏切
山王踏切
海水浴場踏切
荒武踏切
岩山踏切
清水踏切

宇都踏切
小山踏切
日南線は宮崎市の南宮崎駅から鹿児島県志布志市の志布志駅までを繋ぐ。日南線の起点駅は南宮崎駅だがほとんどの列車は日豊本線へと乗り入れ、宮崎駅方面へと行き来する。もちろん電化されていない単線の路線だが、1996年(平成8年)の宮崎空港線開業に伴って新設された田吉駅まで電化され、空港利用客を運ぶ列車が多く走るようになった。

南宮崎駅から志布志駅までは90kmほどの距離で、二両編成、あるいは一両のみのディーゼル車が二時間半ほどの時間をかけて結んでいる。本数は少なく、およそ一時間に一本、一日に十本をわずかに超えるほどの列車が走るのみだ。

主要な駅を除いてほとんどの駅が無人駅となり、ぽつんと建つ駅舎も侘びしげな風情を漂わせている。通学の高校生をはじめ、今でも地元の人々にとっては重要な「足」だが、いつ廃止になってもおかしくはないような気がする。事実、国鉄再建法によって各地の赤字ローカル線が廃止になった時、大隅線や志布志線とともに日南線も廃止になるはずだったものが、代替バス路線が無いという理由で辛うじて廃止を免れたのではなかったかと思う。

観光地として知られる日南海岸を走る日南線はかつては観光客の輸送という役割を持っていたが、人々が車で移動することが普通になってしまった現在では観光目的の交通機関としては決して便利とは言えない。青島飫肥などは最寄り駅があるものの、鵜戸神宮都井岬といった有名な日南海岸の観光名所には遠く、車窓から美しい海岸の景色が楽しめるのもあまり長い区間ではない。それでも海岸から山間までガタゴトと走るディーゼル車の風情は鉄道ファンならずともそれなりに楽しく、都会暮らしの人などには郷愁さえ感じさせるものかもしれない。時にはローカル線の座席に身を委ねてゆったりとした旅を味わうのもよいものだろう。

日南線の旅
木花 青島 内海 伊比井 北郷 飫肥 油津 南郷 榎原 堀切峠 鵜戸神宮 栄松 幸島 都井岬 -
このWEBページは「日南線の旅」のINDEXページです。
「日南線の旅」は「日南海岸散歩」のカテゴリーのひとつです。
-